DODのチーズタープSが到着

先日、DODのチーズタープSを発注しました。

そしてDODのチーズタープSを発注

本日到着したので、開梱してみました。


実物

ローコストな箱です。送付用の箱だと思ったら、DODのラベルが貼ってありました。

なんとなくチープ感があります。

T/C素材のせいなのかなんとなくチープ感があります。

シールドレクタLに比べるとやたら小さいです!

上から見るとますます小さい。

開いてみます。


出してみます。やはりチープ感漂う生地です。

ロープもついています。10本。チープ感はあるもののコールマンより全然いい感じです。

チープ感のあるグロメット。

別に用意したポールを巻いてみます。

はい。入りませんでした…

もしやと思ったものの入りませんでした。

ポールは接続部分を除いた有効部分が60cmなので、60cmのケースには入らないという事です。当たり前といえば当たり前です…

ザンネン!


ファーストインプレッション

正直、パッと見でしょぼい。しょぼすぎるぞ、という感じです。まあ、実際安いんだけれど。

これほどしょぼいと思わなかったので、思わずスノーピークのポールまで買ってみたけれど、失敗だったかもしれません。

来週末に実戦投入してどんなあんばいか見てみようと思います。

下手すると、一回使って放出という事になりかねません。

こんなことだったらシールドレクタのMを買うべきだったでしょうか。

シールドレクタM + TAKIBIタープ オクタ というのも一つだったのかもしれません。

いやしかし、価格が全然違うし。


とりあえずヘキサのポールケースを流用

とりあえず、今まで使っていたヘキサのポールケースにポールを入れて、コンプレッションベルトでポールをまとめてみました。

ベルトがかなり長いので元々こういう使い方を想定しているのでしょう。ポールケースをまとめてもまだベルトが余っています。サブポールまで入るかもしれません。

ただ、締めると下が円形になるので安定せず、横になってしまいます。大きな問題はないと思いますが。


設営しました

DODのチーズタープSを実戦投入


コメント

過去の投稿を見る

もっと見る

アクセスランキング(過去30日間)

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

タレックス(TALEX)のサングラスには寿命がある