投稿

5月, 2022の投稿を表示しています

シモンズのデラックスフェザーピローを購入

イメージ
シモンズ(Simmons) の枕、デラックスフェザーピロー 高さハイ 70cm×50cm LD0815を購入しました。 現在使っているのは無印 私が現在使っているのは無印です。長年使っていい加減ヘタって来ているので買い替えようと思っていました。 ニトリのホテルスタイル枕 大判 ウェスティンホテル東京 LUXE ピロー しかし、いずれも合わずに現在妻が使っています。 再度無印も一つだと持っていましたが、モデルチェンジしているらしく評判が良くありません。 羽根まくら 50×70cm 潰れるという声が多く、けだものの臭いがすると書いている方もいます。 レビュー そういえば昔掛け布団を買う際に、東急の方があんまり安いのは臭いがすることがあると言ってました。 シモンズ デラックスフェザーピロー というわけで、一度使うと長いので、ここは安心のシモンズにしてみようかと思いました。 シモンズのボックスシーツ ファインラグジュアリーを購入 とはいえ、ウェスティンの例があるように、こればっかりは相性です。 シモンズでは、価格的には31,900円のドクターハードが頂点で、そのあと プレミアムダウンピロー28,600円 ディープスリープ 18,700円(ミドル高) クワイエットタイム 17,600円 デラックスフェザーピロー 10,780円 と続きます。 https://www.simmons.co.jp/catalog/collection202111/#page=87 なんか、こう書くと安いんじゃないかと錯覚しますが、無印の10倍です。とはいえ、一生の1/3は寝て暮らすので、合いさえすればコスパは悪くない買い物です。10年持ってくれれば月90円だし。 仕様は 充填量 1,000gのハイ(LD0815)が 10,780円。サイズは 70 x 50 cmのセミダブル。側地は綿100%で、フェザー90%、ダウン10% 到着 一昨日届きました。ハイだけあって、思ったより厚いです。 触り心地はいかにもフェザーの枕でフェザーを感じます。ほぼダウンというウェスティンの枕とは全然違います。 寝心地 早速二晩使ってみました。 いいような悪いような。朝起きると首に違和感があるような気もします。潰れにくいからかもしれません。ハイだと高すぎるのかもしれません。ローなら丁度良いのかも? ただ、妻曰く、よく寝てい

DOD ソトネノマクラ CP1-654-TN を発注

イメージ
DODのインフレータブル枕、ソトネノマクラ CP1-654-TN を発注しました。 これまで使っていたのは イスカのインフレータブル枕です。 ISUKA Cozy Camp Pillow Non-Slip が昇天 枕そのものは悪くなかったけれど、いかんせん穴が開いてしまいました。 穴が開いたけれどほかに良い枕がなくて、そのまま使っていました。割と弾力があるので穴が開いてもそれなりには使えていました。 DODのインフレータブル枕 先日、アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 新宿店を訪れた際にもDODの枕を見て、これ欲しいと思っていました。しかし、店員の説明によるとコットとセットの商品という事でした。 今回、うちのが見つけてきました。 SOTONE NO MAKURA ソトネノマクラ CP1-654-TN 枕カバーがついているのが嬉しい。いつも気になっていましたから。と言っても、寒いときには寝袋に入ってしまうわけですが。 ちょっと気になるのが結構収納サイズが太そうな点です。 サイズは 30 x 47 x 7.5 cm 収納サイズ 直径12 x 32 cmです。 イスカは 38 x 50 x 5 cm 収納サイズ 直径10 x 35。 厚くはなっているけれど一回り以上小さい感じもします。う~む。 ヒットライン since2004 から購入 早速Amazonで発注してみました。なぜかDOD直販はしていないようです。 Amazon直販もないので、「ヒットライン since2004」という聞いたこともないショップから買う事にしました。ナチュラムより評価が高くて件数も多かったのと、Amazonからの発送というのが選択理由でした。 届いたら早速週末のキャンプに投入です。 購入価格は ¥3,708 スペック カラー タン 参考価格(税込) 3,620円 サイズ (約)W47×D30×H7.5cm 収納サイズ (約)W32×D12×H12cm 重量(付属品含む) (約)420g 材質   本体(表面・裏面): ポリエステル   カバー: ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)   中材: ポリウレタンフォーム セット内容 本体、 マクラカバー、 キャリーバッグ、 排気口用キャップ、 マクラ固定用バンド×2 ファーストインプレッション 届きました。 イ

DODのチーズタープSが到着

イメージ
先日、DODのチーズタープSを発注しました。 そしてDODのチーズタープSを発注 本日到着したので、開梱してみました。 実物 ローコストな箱です。送付用の箱だと思ったら、DODのラベルが貼ってありました。 なんとなくチープ感があります。 T/C素材のせいなのかなんとなくチープ感があります。 シールドレクタLに比べるとやたら小さいです! 上から見るとますます小さい。 開いてみます。 出してみます。やはりチープ感漂う生地です。 ロープもついています。10本。チープ感はあるもののコールマンより全然いい感じです。 チープ感のあるグロメット。 別に用意したポールを巻いてみます。 はい。入りませんでした… もしやと思ったものの入りませんでした。 ポールは接続部分を除いた有効部分が60cmなので、60cmのケースには入らないという事です。当たり前といえば当たり前です… ザンネン! ファーストインプレッション 正直、パッと見でしょぼい。しょぼすぎるぞ、という感じです。まあ、実際安いんだけれど。 これほどしょぼいと思わなかったので、思わずスノーピークのポールまで買ってみたけれど、失敗だったかもしれません。 来週末に実戦投入してどんなあんばいか見てみようと思います。 下手すると、一回使って放出という事になりかねません。 こんなことだったらシールドレクタのMを買うべきだったでしょうか。 シールドレクタM + TAKIBIタープ オクタ というのも一つだったのかもしれません。 いやしかし、価格が全然違うし。 とりあえずヘキサのポールケースを流用 とりあえず、今まで使っていたヘキサのポールケースにポールを入れて、コンプレッションベルトでポールをまとめてみました。 ベルトがかなり長いので元々こういう使い方を想定しているのでしょう。ポールケースをまとめてもまだベルトが余っています。サブポールまで入るかもしれません。 ただ、締めると下が円形になるので安定せず、横になってしまいます。大きな問題はないと思いますが。 設営しました DODのチーズタープSを実戦投入

シモンズのボックスシーツ ベーシックを発注

イメージ
これまで愛用してきた西川のシーツに穴が開いてしまったので、代わりにシモンズのシーツを購入しました。 前回はファインラグジュアリーシリーズのシーツを購入しました。 シモンズのボックスシーツを購入 今回は試しにベーシックシリーズのシーツを選んでみました。 シモンズ (Simmons) 正規品 ボックスシーツ シングル ベーシック 綿 100cm×200cm×マチ35cm オフホワイト色 LB0803 8,580円 Amazon直販 おそらく布団カバーと同様の肌触りだと思います。 届きました 袋入り 袋から出して 見づらいですが、左上にBeautyrestの刺繡があります。 今回買ったシーツはオフホワイト。掛け布団カバーもAmazonの履歴を見るとオフホワイトと書かれています。ホントでしょうか? 結構色味が違います。肉眼で見ても。 肌触りはやはりファインラグジュアリーよりずっと硬いです。ただ、妻は夏の時期はサラッとしていてこっちの方がいいかもと言っています。 掛け布団カバーもベーシックの方が気に入っていたので好みの問題かもしれません。

モンベル フリーロック ストラップ 3m

イメージ
モンベルのフリーロック ストラップ 3mをポールの結束用に使ってみました。 モンベル フリーロック ストラップ 3m 元々は、モンベルショップで見かけてキャンプで使っている収納ボックスを結束するために購入しました。 しかし、全面が面ファスナーのため、展開して結束するのに少々手間がかかります。そのため、バックル付きのベルトに買い替えることにしました。 残ったベルトは分割して利用することにします。 とりあえずポールの結束に丁度良いかと。 角をカットしてみました。

コールマン アルティメイトアイスクーラーⅡ 35Lが到着

イメージ
コールマンの大容量ソフトクーラー、アルティメイトアイスクーラーII 35Lを発注しました。 コールマンのアルティメイトクーラーⅡ/35Lを再度発注 前回購入した際にはべたつきが激しく手に付着するほどで即返品しました。今回はカケなのでドキドキしながらパッケージを開けました。 その結果は、セーフ。ちょっと手に移る気もするけれど、スベスベで前回のようなべたつきはありません。これなら問題なく使用できます。 あいにく開け閉めできるようなパッケージではないので、勝負です。 それなりにコンパクトになります。厚いけれど、今の25Lよりコンパクトかもしれません。 背面にあるベルトを使って収納してあります。 抗菌ライナーを外した状態 つけた状態。抗菌ライナーが結露や氷からの水漏れ等を受けとめるはずです。今使っているモデルはそうです。 マジックテープで貼り付けた状態 展開した状態 背面。ベルトを収納するためなのかポケットがついています。と思ったら、他のホイール付きクーラーのハンドルに通すためのスリーブでした。ハードの上にソフトを載せて持ち運びするためのものでした。 ショルダーベルトもついています。 500mlのペットボトル、1Lの紙パック。そして四合瓶を入れてみました。 四合瓶もきちんと立てて入ります。これ大事。 早速来週末に投入してみます。 使ってみて 2022/6/15 追記 先日のキャンプで使ってみました。 妻曰く、コールマンのスチールベルトより氷が速く溶ける、でした。それはそうでしょう。ハードより持ったらびっくりです(笑) コールマン 54QT ステンレススチールベルトクーラーを購入 氷の解け具合についてはもう少し使ってみないとわかりませんが、少なくとも一日一個は板氷を補充していく感じだとは思います。 ファスナーの使い勝手はまあこんな感じかなと思います。ビンを立てて入れらるのが良いのだけれど、イマイチ冷えが悪い気がします。ビールを出したらぬるく感じて、?、でした。 以前は、ビンや缶を横にしてその上に氷を載せていたので、よく冷えていたのかもしれません。 今回は、あまりクーラー内を注意していなかったので、次回注意してみようと思います。

ロゴス(LOGOS) Tradcanvas ワイドバケットチェアを購入

イメージ
ロゴスのワイドバケットチェアを購入しました。 Tradcanvas ワイドバケットチェア  ロゴス これまでもロゴスの通常サイズのバケットチェアを使ってきました。 LOGOS Life コンパクトバケットチェア をキャンプ用に購入しました 先日、アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 新宿店を訪れた際に見つけて、座ってみたところ、とっても座り心地が良くて気に入りました。ゆったりしていて、これまで使っていたコンパクトバケットチェアより格段に座り心地が良いです。 これだけ大きければ、収納サイズも大きいのでは、と思ったら予想外にかなり小さく、一回り大きくなったかどうかというくらいです。 しかし、展開サイズは歴然と大きい これはいい買い物でした。 大きくなったせいか安定度も上がった気がします。 また、コンパクトだとお尻がフレームに接しがちでしたが、少なくとも今回は接しなかった気がします。 ただし、私には丁度いいけれど、妻はコンパクトの方が良いと言います。使う人次第のようです。 仕様 総重量:(約)2.5kg サイズ:(約)幅68×奥行66×高さ83cm(座高46cm) 収納サイズ:(約)幅38×奥行12×高さ14cm 耐荷重目安(静止荷重):(約)150kg 主素材: [フレーム]スチール [生地]ポリエステル(PVCコーティング) 価格はコンパクトほど安くはなく、Amazonで¥ 7,650でした。

スノーピークのウイングポール 240cm(TP-002)を購入

イメージ
チーズタープS用にウイングポール 240cm(TP-002)を発注しました。 チーズタープのポールが必要 先日、北海道旅行やコンパクトキャンプ用にDODのチーズタープSを購入しました。 そしてDODのチーズタープSを発注 チーズタープにはポールがついていません。安くすませるのなら、今使っているシールドレクタLの280cmを使うのも一つです。 しかし、先日、ランドロックの骨を忘れて東京往復を行ったことを考えると、ポールは専用のものをしっかりとタープの袋に入れておきたいところです。 そして、チーズタープの袋は60cmなので、70cmのポールは入らない、と思います。(60cmのポールでも太さの面から入らない可能性はあります) また、それ以前に280cmは3.5mのチーズタープSに大きすぎるのではという懸念もあります。 スノーピークでは、5.5x4.4のシールドレクタLには280cmが推奨されています。そして4.15x3.4のMには240cmが推奨されています。3.5x3.5のチーズタープSには240cmが適当なのでは、と思います。 280(70 x 4)cm + 280cm では3.5mx3.5mに対して明らかに大きいと感じます。210(70 x 3)cm + 210cm だと今度は、サブポールを使わないと小さすぎる気がします。そしてサブポールは北海道にもっていかない予定だし。 ポールについては私はスノーピーク一択です。これまで使ってきて信頼しているし、逆にDODなど他社は信頼できません。 【mont-bell】ミニタープHXを買ったので小川張りしてみたら、最悪な結果に…【モンベル】 オーバースペックと感じるため敬遠しがちなスノーピークですが、ポールについてはオーバースペックでも構わないと思います。 発注。到着。 というわけで、Amazonに発注して到着しました。 箱に入っているのは意外でした。170cmなどのサブポールなどはビニール袋に入って売られていたと思います。 明後日、チーズタープSが届いたら、早速タープのケースに入るか試してみようと思います。

コールマンのアルティメイトクーラーⅡ/35Lを再度発注

イメージ
前回、コールマンのアルティメイトクーラーII/35Lをヨドバシカメラから購入しましたが、表面がベタベタしていて手についてくるため返品しました。 コールマンのアルティメイトクーラーⅡがべたついていて返品 北海道用に欲しい 今回北海道キャンプに行くにあたって、これまで使ってきたコールマンのソフトクーラーでは今一つ心もとないものがあります。 キャンプ初期から使っていて、角が擦り切れてきているのでそろそろ買い替えてもよいかなというのもあります。 他のものも検討 AO Coolersやサーモスも検討しては見ましたが、AOは保冷能力は高いし使いやすそうで良いのだけれど価格が高いし、サーモスは保冷能力に疑問があります。 サーモス アウトドアシリーズ ソフトクーラー ミッドナイトブルー 26L ROC-002 MDB AO Coolers(エーオークーラー) キャンバス ソフトクーラー 24パック あと、コールマンのボトルを立てて入れられるというのはやはり便利です。 べたついているのは不良? アルティメイトクーラーのレビューを見ると、全員がべたついていると書いているわけではなく、次のレビューを見てもスベスベしていると書かれています。 コールマン「アルティメイトアイスクーラーⅡ」25Lのレビュー!保冷力検証やサイズ選びも。  山行こ 上記山行こサイトより引用 大体、他のものに付着するほどベタベタしている製品がまともなわけがありません。 おそらく材料の配合かなにかを間違えた不良ロットがあり、それを買ってしまった人がべたついてるとか、ロゴがすぐ取れたとか書いているのだろうと思います。 商品詳細 約49時間の保冷力。キャンプやアウトドアに最適 保冷力49時間だから2泊3日以上のキャンプも対応可能 耐水圧25,000mmで雨にも強い 35Lサイズで2Lペットボトル12本収納可能 冷気を逃さないクイックサーブオープニング 抗菌ライナーは取り外せて丸洗い可能 ハードクーラーとの併用に便利なハンドルスリーブつき 材質:TPE加工ポリエステル、ポリエチレン PETアルミニウム、PEVA 使用サイズ:約42 x 32 x 38 (h) cm 収納サイズ:約42 x 20 x 38 (h) cm 重量:約1.4Kg とても49時間持つとは思えませんが。 試験場は物理法則が違っているのかもしれない。 Am

焚き火テーブル V.S. ワンアクションローテーブル竹

イメージ
焚き火テーブルとワンアクションローテーブル竹を使ってきて、思わぬ勘違いがありました。 焚き火テーブル しばらく前まで焚き火テーブル四つを組み合わせてメインのテーブルとして使っていました。 UNIFLAMEの焚き火テーブル を購入しました 熱いものを載せても平気だし、組み立て収納、掃除も(以前使っていたコールマンのイージーロールに比べれば)簡単でした。 現在の主力テーブル、ワンアクションローテーブル竹 現在メインのテーブルとして使っているのはスノーピークのワンアクションローテーブル竹です。 スノーピークのワンアクションローテーブル竹を購入しました ほぼ一瞬でテーブルを展開でき、収納もワンタッチ。焚き火テーブルは収納展開する際にレバー部分で手を切りそうでいつも気を使います。妻もそう感じています。そういう問題もワンアクションにはありません。 ケースも袋状ではなくテーブルトップにかけるだけなのでとても簡単。テーブルを袋にしまうのは結構手間なんですよね。引っ掛かったりして。 焚き火テーブルを二つ組み合わせるより、ワンアクション一つの方が平面が広くて安定します。二つ組み合わせるとずれたり隙間が空いたり、斜めになったりしますから。 焚き火テーブルがエンボス加工で滑りやすいのに対して滑りにくいと感じます。 半面、ワンアクションは持つとやたら重く感じ、硬さもあるので移動時の扱いづらさを感じてはいました。 長い間焚き火テーブルの方がコンパクトだと思っていました 今回北海道にキャンプに行くにあたって、ワンアクションがあると格段に楽になると感じていました。そこで試しに、二つのサイズを比較してみることにしました。 ワンアクションと同等の面積になるには焚き火テーブルが二つ必要なので、焚き火テーブル二個の長辺(金属の辺同士)を接するように並べた状態で比較しています。 その結果、驚いたことに二つの面積はほとんど同じでした。その差は346cm2、約19cm四方しか違いません。(A4が約609cm2。iPadが約425cm2) そして収納時の厚さも双方とも5cmと同じでした(焚き火テーブルの厚さは2枚分)。 実際の収納サイズは袋の分だけ焚き火テーブルの方が大きいと思います。 重さも大差なし また純正の収納袋に入れた状態では5kgと、これまたワンアクションの5.5kgと大差がないことがわかりました。 ワ

ドリテック 荷物用はかり LS-101WT ホワイトを発注

イメージ
北海道キャンプに備えて、ドリテック社の荷物用はかり LS-101WT ホワイトを購入しました。 Amazonで検索すると次のはかりがヒットします。 MYCARBON 荷物 旅行はかり LCC用 デジタル はかり しかし、My Carbonなんて聞いたこともない会社だし、レビューの数が多すぎるし、評価も妙に高すぎる気がします。そして、低い評価はろくでもない話が並んでいます。 というわけで、却下。 やはり国内メーカーのしっかりしたものがいいなと思って、検索してたらサンワサプライの次の製品がヒットしました。 400-TST005  サンワサプライ 他のサイトのレビューを見てもよさそうなことが書いてあります。 これにしようかと思って、妻に宣言したところ、妻がドリテックはちゃんとしたメーカーだと言い、台所からキッチンタイマーを持ってきます。(タイマーでは日本一らしい) そしてAmazonを検索すると次の商品がヒットします。 ドリテック 荷物用はかり LS-101WT ホワイト ¥1,222と安いし評価も良いようだし、これでいいかと発注しました。 これで容易にスーツケースの重量がはかれます。 ドリテックはタイマーシェア日本一 Amazonの製品ページには次のように書かれています。 メーカーによる説明 計測機器メーカーのドリテック dretec(ドリテック)は1997年創立、当時は今ほど家庭になじみがなかったキッチンタイマーを主力に開発していました。手にとってもらいたい、使い続けたいと思われるように利便性だけでなくデザインにも力を入れたことによって日本のタイマーシェア1位にのぼりつめました。 現在もそうなのかは不明です。 届きました ファーストインプレッションは、思ったよりでかい、でした。 手の幅くらいのものを想像していたのですが、その1.5倍以上ありました。iPhone 8 Plusと比べるとこのサイズ。 電池はCR2032。海外で容易に入手できるのかは不明。 早速Anker 535 を測ってみました。 Anker 535 Portable Power Stationをキャンプと災害用に購入 7.45kg。製品ページを見ると 7.6kgとあります。アダプターを含む重さなのか、本体のみの重さなのか不明です。とりあえず無茶苦茶ずれてるという事はなさそうです。 試しに家のWithin

過去の投稿を見る

もっと見る