キャプテンスタッグ 大型 火消しつぼ 火起し器セット M-6625を購入

 キャプテンスタッグ 大型 火消しつぼ 火起し器セット M-6625を購入しました。


これまでは

火起こし? そんな軟弱なものはいらん! 新聞紙でも火は起こせるじゃろう、と思っていました。

そして。火消壺? そんな余計なものはいらん! 放っておけば火は消えるじゃろう、と思っていました。


やっぱり火起こしと消し壺があると便利じゃない?

ただ。今回は暖を取るため初めて朝から炭を起こして。やっぱ消壺あると便利でね? と思いました。寝る時の心配もなくなるし。

消し壺を買うなら毒を食らわば皿までで、火起こしも一緒の方が良くない? と思ってセットになっているM-6625 を購入することにしました。


他の候補

火消壺を買おうと思って、最初にヒットしたのが、次の製品。

グリーンライフ(GREEN LIFE) 火おこし兼用火消しつぼ

スリムでよいと思ったけれど、レビューを見ると、しばらく使うとフタを閉めにくいとか書いてあります。


M-6625

それなら、品質が微妙な鹿番長の、 M-6625 もひとつかもしれない。と思いました。こちらの方がフタの機構が単純です。安いし。

この製品の良いところは地面から距離を取れる足がついているところです。消火の間、単体で少し離れたところに置いておくことも可能でしょう。

そして、火起こしと、火消し壺の二重構造なので、火消しする炭の熱が外側に伝わるのをある程度緩和できるかもしれない事です。


仕様

製品サイズ(約):
火消しつぼ:215×200×高さ290mm(本体:外径210×高さ225mm)
火起し器:外径180×高さ200mm

重量(約): 1.7kg

材質(品質): 
火消しつぼ本体・ふた: アルスター鋼板
火起し器: 亜鉛めっき鋼板
スタンド・ハンドル・つまみ: 鉄(クロムめっき)


なるほど、アルスターというのはアルミメッキされた耐熱性の高い鋼板の事だったんですね。

https://www.nipponsteel.com/product/catalog_download/pdf/old_nisshin_alstar.pdf


使用したらまたレビューを書いてみようと思います。


ファーストインプレッション

2022/5/12 追記

届いたので、早速ファーストインプレッションです。

大きいとは覚悟していました。

予想通りか予想より少し大きいくらいです。

上に載っていたのはスタンドです。

この上にふたを載せると着火台になります。

火起こし部分を取り出して載せてみました。

大きいだけあって、火起こしは十分な容量がありそうです。火消壺としても同様です。やはりこれくらいあった方が良い気がします。

サイズ感を見るため、先日購入したモンベルのフォールディングファイアーピットに乗せて見ました。

ファイアーピットの上でも問題なく火起こしできそうです。


というわけで、素早く炭をおこせて、次回もまた使える火起こしと火消壺のセット。しばらく使ってみようと思います。

なお、以前は珪藻土七輪を主に使っていて、そちらは組み込みの火消壺がついていたため、火消壺の便利さはよくわかっていました。

七輪本舗のお外で七輪をキャンプで使っています

火起こしでつかなかったという事はありませんが、備長炭を使っていたころには、放置しておいた後に見たら点いていなくて、着火剤を増量再点火して時間がかかることはありました。

キャンプで時短ができるのは良いことです。

かさばるのが最大の難点です。


使ってみて

2022/5/18 追記

週末に実戦投入しました。

フォールディングファイアーピットに丁度良いサイズ


メラメラ燃え上がります


火起しは良好

火起しとしては良好でした。確かに良く燃えてしっかり着火します。口が大きいので炭を入れやすいし出しやすい。太いので安定もしています。

消し壺の蓋も精度が良い

消し壺に燃えた炭を入れてふたをしたところ、蓋はピッタリはまる感じで精度の良さを感じます。

脚は使い勝手が良い

付属のスタンドは、タープ下などどこにでも手軽に消し壺を置けるので使い勝手が良いと感じました。炭を移し替える際の置き場所もどこにでも用意できます。

二重構造

炭を消す際に、火起しと火消壺の二重壁となるため、外壁に熱が伝わりにくいのが良いと思いました。誤って触ったり、ものを近づけたりした際の被害を軽減できると思います。底への熱伝導もある程度緩和されるのかもしれません。

移動時に密閉できない

移動する際に、蓋の上にスタンドを載せてネジで固定します。問題は締めると蓋が浮き上がり、器との間に隙間が空いてしまう事です。これでは消化が不完全な場合再度着火する恐れがあります。

再点火することはありませんでしたが、不安が残る構造です。スタンドを足をペンチ等で曲げることにより、密着できるかもしれませんが。

やはり大きい

使い勝手は良いものの、やはり大型で車によっては持て余し気味です。今回はコンパクトSUVで、なおかつランドロックとレクタの二つ持ちだったので、載せる場所に苦労しました。

結論

使い勝手は良好で、火起し、火消壺としては気に入りました。

しかし、やはり大きく、また、移動時の蓋の密閉性に懸念が残ります。

積載量に余裕があり、しっかり消火してから積載するのであればよい選択肢だと思います。

グリーンライフの火おこし兼用火消しつぼも試してみることにしました。

HOT-150S ステンレス火おこし兼用火消しつぼを購入


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

テントやタープなど防水製品には寿命がある