投稿

パッと貼るだけホコリとりフィルター換気扇用を購入

長年掃除が面倒だった風呂とトイレの換気扇用にフィルターを買ってみました。 これまでは 掃除機吸ったり、ブラシで落としたりしてきました。とても手間と時間がかかり、完全にきれいにするのは死なんでした。 パッと貼るだけホコリとりフィルター メーカーは東洋アルミという聞いたことがないところです。 今回購入したのは「換気扇30cmタイプ5枚入」。 説明を読むと切って貼るようなので、大概の換気扇に対応できそうです。 明日か明後日に届く予定なので、貼ってみたらまた更新します。 うまく行けば面倒な手間から解放され、換気能力も維持できるので嬉しいです。

タフスクリーンタープのガイライン(張り綱)を交換

イメージ
先日のキャンプで、タープのガイラインが緩んでいたのを見つけて、交換することにしました。 これまで使っていたのは 以前使っていたスノーピークのリビングシェルに付属していたガイラインや、その当時に購入したスノーピークの4mmポリプロピレンロープです。 経年変化により硬くなっていました。そのため自在金具が食い込まなくなっていたのではないかと思っています。 元々タフスクリーンタープ400に付属していたロープはしょぼかったので最初から使いませんでした。 コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました ポリプロロープ Pro. 4mm10m カット(AP-006) 新しく買ったのは、やはりスノーピークの4mmポリプロピレン製のロープです。 ポリプロロープ 隣は一緒に買ったランタン用電池エボルタネオ 一番右の3mmは別用途 カットしたところをあぶって溶かし、指先で整形します 炎の上であぶると火が点いたり熱くて触れません 横から近づけるのがコツです 出来上がり 古いロープ 上の四本は使っていなかったものです ちなみに、私がしまったものではありません タフスクリーンタープ400に付属のロープの長さは2.5mだったので、今回は少し長めの3mで作成しました。 当初は、古い未使用品ロープで作ったものはそのまま流用するつもりでした。しかし、届いた新しいポリプロロープと比べると硬さが大分違うので、一緒に廃棄することにしました。強風下でガイラインが緩むとえらい事になるので。使っていなかったけれど、経年変化で硬くなってしまったのかもしれません。 今までは素手でロープを扱うと手の皮がガサガサになったためグロープ必須でしたが、これで軽減されるかもしれません。

VESSEL(ベッセル) 電ドラボール 220USB-5 を購入

イメージ
長年懸案だった電動ドライバーをついに購入しました。 今まで使っていたドライバーは タミヤのドライバーセットやHozanの+ドライバーを使っていました。Hozanの+ドライバーはPCのマザーボードのネジを外すために買った気がします。 購入候補 最初に検討したのはインパクトドライバーです。しかし、調べてみると強力だけれど、強力過ぎて木ネジ(木材へのねじ込み 2021/7/24追記)などには不向きという話を読みました。 そこで、インパクトより力が弱く締め付け力を調整できる電動ドリルドライバーを検討したのですが、調べるうちに今は電動ドライバーというものがあることに気が付きました。 これならドライバーと同じような使い勝手で、しかも安価です。 力は弱いため、対応できないネジもあるようですが、ダメもとで買ってみることにしました。 電動ドライバーは次の記事によればどうやらVESSELが最初に出したようで、現在は他社からもいくつか出ているようです。 電動・手動兼用の「充電手回しドライバー」どれを買うべき?【ベッセル・ボッシュ・パナ・SK11 他】  外部サイト Panasonicも良さそうですが、価格が少し高く、締める力が1N.mと電ドラボールの半分というのも引っかかります。電設用途だけならこれも良いのでしょうが、私は家具の組み立て等にも使いたいので電ドラボールにすることにしました。 VESSELは日本メーカー VESSELのドライバーは以前から目にすることがあったのでメーカー自体は知っていました。 ベッセルの沿革  メーカーサイト なんと日本最初の量産ドライバーメーカーだという事です。海外メーカーかと思っていました。 VESSEL電ドラボール 220USB-5 電ドラボールには現在二つの製品があります。通常の電ドラボール(220USB-1, 220USB-5)と4倍速いハイスピード(220USB-S1)です。 電ドラボールの締め付け力は2N.mですが、ハイスピードは0.4N.mと弱いので注意が必要です。ハイスピードは電ドラボールの電設モデルと言っても良いのかもしれません。 締め付け力が弱いだけあって、反動も少ないので用途によってはハイスピードの方が向いています。小さいネジなどはこちらの方が良さそうです。 電ドラボールハイスピードのチラシ  メーカーサイト 通常の電ドラボールにはビッ

賃貸物件の10年使ったエアコンをクリーニングしてもらう

イメージ
10年使ったエアコンをクリーニングしてもらったら快調になりました。 ダイキンのエアコン 現在リビングに設置してあるのはダイキンのエアコンで型番はS56MTEP-W(C)。 室内機の型番はF56MTEP-(C)Wで、室外機はR56MEPです。 https://kakaku.com/item/K0000227445/spec/  価格.com 冷房能力は型番の通り5.6kw。暖房能力は6.7kw。いわゆる18畳用です。 現在のSシリーズとは別物のようです。 管理会社に頼む エアコンクリーニングを行うと壊れる事もあるようなので、クリーニングは管理会社の旭化成に頼むことにしました。 自分で勝手に頼んで壊れたら、大家さんか管理会社に対する倍賞責任を負ってしまいます。 多少高くなっても管理会社に頼んだ方が面倒がなくて安心です。 あと、管理会社は管理会社でトラブルの少ないところを選んでくれるのではないかと思います。 今回もけっこう離れた場所の業者さんを選んでくれました。 実際の作業 養生してくれます 事前にエアコン下の機材を移動してあけておきました 水かかかると危ないコンセントもしっかりと 外装が外されます なんか汚れています グワッ! 腐海です かかっちゃいけないところは保護 洗浄機 グハッ! デデ~ン 空気清浄機がついた図 熱交換器のフィンが本来のアルミ色になりました 今後はフィルターを掃除するときにここをチェックしようと思います 効果 フラップが上まで上がるようになった まずは、フラップが一番上まで上がるようになりました! 最近、パソコンで作業しているとエアコンの風が直接当たるようになり困っていました。 今回掃除してもらって、フラップの角度を調整したら、あれっ!?あんな上まで上がる、と驚きました。 なんと、いつの間にかフラップの動きが悪くなって一番上まで上がらなくなっていたんですね。掃除のお陰でほこりが無くなるか汚れが取れて動くようになったのかもしれません。 一番上まで上がるようになった結果、風が私に直接当たらなくなり超快適になりました。部屋の中の温度ムラも少なくなった気がします。 静かになった 最近は昼になるとエアコンが大きな音を立てて運転するようになっていました。 12時現在、外気が30度を超えてもエアコンは割とおとなしいままです。(15時近くなって外気が34度になって

アメニティドームをきれいに張るコツ

アメニティドームをきれいに張るコツについて質問を頂きました。私が注意している点について書いてみたいと思います。いずれ写真を追加したいと思います。 フレームを正しくピンに挿す インナーテントを広げたら、フレームをスリーブに通して、テント底のリングについているピンに挿して立ち上げます。 このときペグを打つためのコーナーループを軽く引っ張り、ピンが無理なく上を向くようにしてから挿すことが肝心です。 これを妻や友人にやってもらうと、ピンが一回転してフレームに挿してあるときがあるので、必ず点検しています。 正しい位置にピンがなければ、きれいの前に強度の問題が出てくるはずです。 ペグに軽くテンションをかけながら打つ フレームをピンに挿してインナーテントを立ち上げたら、テント底の六ヶ所のループにペグを打ちます。 このペグを打つ際に、軽く引っ張りながら打ち込みます。そんなに強く引っ張る必要はなく、ループやインナーテントの底部分のしわやたるみが無くなる程度に、ループの出ている方向に合わせて打ち込んでいきます。 ペグを打つ際には、同行している方にテントの中を除いてもらうとよいと思います。同行者がいなければ、仮打ちしてチェックです。テントの床に変なしわがよらないように打ち込むのがポイントです。 バックルが上を向くように打つ ペグを打つ際には、フライを接続するバックルが上を向くように打つことも大事です。 友人に打ってもらうと、これまたこのバックルが下を向いていることがあり、見つけると打ち直しています。 ひっくり返して打つと、フライに適切なテンション(張力、緊張)をかけられなかったり、形が崩れたりする原因になると思っています。 特に前室部分のビルディングテープはねじれてよくわかりにくいので、最初のうちは念入りにチェックすることをお勧めします。 6本のペグを打ち込んだら、もう一度正しく打ち込まれているか、フレームはピンに無理なく挿してあるかをチェックしましょう。フライをかけたりガイラインを締めた後にこれを直すのは困難です。 硬いサイトにはソリッドステーク20cmを使う ループに適度なテンションをかけながら打つと言っても、お台場海浜庭園の様にとんでもなく硬いサイトでジュラペグ(ジュラルミン(強化アルミニウム)のペグ)を打つのは容易ではないです。そうでなくても打つと小石などに当たり思った場所に打て