投稿

次期主力2ルームテント、Snow Peakのランドロックを発注

イメージ
次期主力2ルームテント兼シェルターとして、Snow Peakのランドロック(TP-671R)を発注しました。 タフスクリーンタープ400+アメニティドームM 現在の主な構成は、コールマンのタフスクリーンタープ400と、テントはアメニティドームMです。 コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました テント アメニティドームM (SDE-001RH)を購入しました 前回のキャンプでタープに雨漏りが見られました。実用上は問題ないのですが、3年で雨漏りするとはモンベルやSnow Peakを使っていた経験からすると品質に疑問を感じます。 以前はコスパ最高!、と思っていましたが、なんか一気に気分がなえてしまいコールマンはもういいかなと思ってしまいました。 機能的には、日差しを透過しやすい以外は何の問題もなく、使い勝手も良いため残念です。 購入時価格は3万円位なので、コスパ的には1年1万円と悪くないというか、むしろとても良いのですが。 ただし、定価は49,800円で、さらに現時点では、Amazonで5万円台、楽天にいたっては7万とか8万とかわけのわからない価格で売られています。今も3年くらいでダメになるとしたら一気にコスパが悪くなります。 あとは、今回設営撤収をしていて、二人のキャンプでシェルターとテントを張るのはやっぱり結構負担だなと思ったのもあります。タープとテントのペグをフルに打つとなんと54本(笑) ペグ拭き担当の妻が、まだあるのかと思ったと言っていました。 スノーピーク 鉄製ペグ ソリッドステーク 20cmを購入 設営スペースについても、テントのアメニティドームMがなにげに505cm x 280cmと実は、タープの長辺4mよりも長くて結構場所を取ります。お互いの張り綱でテントとタープの間を歩くのは容易ではない場合もあります。 更に、四人までのキャンプでは問題ないのですが、それ以上となると手狭感があります。クーラーボックスや他の道具をキャノピーの下に出してしのいだ時もありましたが、もっと大きいシェルターがあってもいいかなと思うようになっていました。 当初は否定的 2009年に発売されたのではないかと思うランドロックを始めて見たのは多分今は無き修善寺のキャンプ場だったと思います。これがランドロックか!、と思ったので、カタログか何かでその存在は知っていたのだろうと

Power Automate DesktopでExcelのセル内改行(LF)を処理する

イメージ
 Power Automate DesktopでExcelのセル内改行を処理する必要が生じたので、調べてみました。 (正規表現を使えば一発でした。お急ぎの方は最後をご覧ください) 標準のアクションでは難しい Excelから取得したセルデータに対して、とりあえずダメもとで「テキストの分割」アクションを使って分割を試みましたがやっぱりだめでした。 Excelのセル内改行コードはCRLF(0x0D0A)ではなく、LF(0x0A)なので、改行とは認識されませんでした。 スクリプトを使って取得する 改行文字を指定するには「テキストの分割」アクションになんとかLFを指定する必要があります。ところが、Power Automate DesktopのアクションにはExcelのCHARのような関数は見当たりません。 検索すると次のページがヒットしました。 Power Automate Desktopで、改行コード(CRLF)を使用する方法 なるほど、スクリプトを使って生成するわけですね。 VBScriptを使った方法 上の例ではPowerShellを使って取得していますが、VB使いの私としては、試しにVBScriptを使って取得してみました。実行するコードは次の通りです。 WScript.StdOut.Write(vbLF) コードの説明は次のページに書かれています。なおvbLFはLF文字を表すVBScriptの定数です。 atmarkit - 第3回 WScriptオブジェクトの詳細(1) 可読性という意味ではVBScriptの方が良いかもしれませんが、簡単なのはPowerShellです。 サンプル LFを使ってセル内改行を分割するサンプルフローは次の通りです。 「テキストの分割」アクションでは、「VBScriptの実行」アクションで生成された変数を指定しています。 コードは次の通りです。空のフローに貼り付ければ動作するのではないかと思います。 Excel.Attach DocumentName: $'''C:\\Test\\Book1.xlsx''' Instance=> ExcelInstance Excel.ReadFromExcel.ReadCell Instance: ExcelInstance StartColumn:

新宿のしょんべん横丁でゴキブリ入りのもつ煮が出てきた話

魚民の鍋に大量の虫が混入していたという記事を読んで思い出しました。 「1000匹くらい入ってた」「吐き気がします」 もつ鍋に大量の虫混入、居酒屋「魚民」運営会社が謝罪 ゴキブリ入りもつ煮 今を去ること20数年前、新宿駅西口を出たところにある思い出横丁(正しくは新宿西口商店街らしい)、通称しょんべん横丁の、とある店に飲みに行きました。しょんべん横丁なんて名前がつくくらいで、長屋のような建物に入っている店はほとんどがぼろくて小汚いです。 同僚と二人で飲んでいて、もつ煮をそれぞれ頼みました。しばらくして出てきたのだけれど、なにか嫌な予感がしたので、すぐに食べずに箸でかき混ぜてみたところ、なんとなかからゴキブリが出てきました!! ギョエ~と思い、同僚に教えたところ、同僚ももつ煮をかき混ぜたらなんとさらに出てきました。結局数匹出てきました。小さい器でそれですから鍋の中には一体何匹いたのやら。 もうあまりの事に、気持ち悪いのを通り越して二人で笑っていると、向こうのテーブルで「もつ煮一つくださ~い!」の声が。同僚は苦笑しながら「頼むなよ」とつぶやいていました。当然すぐに店を出ました。 おそらく、昼間ふたの開いていた鍋にゴキブリが入り込み、店の人がそれを知らずにふたをして煮込んだのではないかと思います。 新宿のバーの話 私はなんかゴキブリセンサーのようなものがあり、いそうな時は虫の知らせがあります。 当時付き合っていた彼女に連れられて入った西新宿の店は薄暗いバーでけっこう繁盛していました。テーブル席に案内されて飲んでいると、なんか壁が気になります。 そこで壁にかかっていた額の裏をそーっと覗いてみたところ、そこには驚くほど大量のゴキブリが! それらが触角を動かしていて背筋がぞーっとしました。 冗談じゃないので、当然そそくさと店を出てきました。 回転寿司から帰ってきた日 吉祥寺の回転寿司で食べて帰った日の事、家に帰ってきたけれど何か落ち着きません。 しばらくしたら、目の端でうごめくものが。ゴキブリでした。 それまで家でゴキブリを見たことがなかったので(ミニマリスト志向だったため物が少なく部屋がキレイ)、もしかしたらカバンにつけて連れて帰ってきたのかもしれません。 シックスセンス 他にも、ここ居そうだなと思ったらいたことがあります。このゴキブリを感知する能力は一体何なのか。ギフテッド、特

Logicool MX Master 3 Advanced Wireless Mouseを購入

イメージ
職場で使っているLogicoolのマウス M950(Performance MX)のボタンがクリックしても反応しなくなってきたので、仕方なくMX Master 3 Advanced Wireless Mouseを購入することにしました。 左がMX Master3 M950 これまで使っていたのはやはりかつてフラッグシップモデルだったM950です。 しばらくM950を使った後に、それ以前に使っていたMicrosoftの高級マウスを一時的に使用したことがありましたが、久々に使うとあまりに使い勝手が悪くて驚きました。非常に持ちづらく動かしづらく、指がツルかと思いました。 M950は持ちやすく、精度にも不満はなく良いマウスでした。特に回転時にカリカリしないラチェットレスの慣性ホイールがとても使い勝手が良くて、一気にスクロールすることができ、一度これに慣れてしまうともう普通のカリカリいうマウスには戻れないです。 単三電池一本で動作して、中にエネループを入れてUSBケーブルで充電して使う事も可能です。 購入したのは2012年の4月なので10年近く使用したことになります。価格は7,683円。 ちなみに自宅では2015年に購入した別のM950を使っています。こちらは11,440円と値上がりしていました。 一時期仕事で Illustrator を使って図面を描いていたことがあって、ダメなマウスを使うと腱鞘炎になるので良いマウスは必須でした。 MX Master 3 Advanced Wireless Mouse 知らないうちにリリースされていた、Logicoolのあらたなフラッグシップマウス、だと思います。 M950のホイールは物理的な機構で回転時のクリック感を出していたと思います。 ところがMX Master 3は驚いたことに電磁的にクリック感を作り出しているらしく、勢いよく回すとクリック感のあるラチェットモードから抵抗なく回転するフリースピンモードに自動的に切り替わるようです。 ようですと書いているのは、私が知らずに少し使った限りではそのような動作はしなかったためです。職場に行ったら再度試してみます。 MX Master3には親指で操作するサムホイールが追加され、直感的に横スクロールが可能です。M950も一応ホイールを横に倒せば横スクロールできたと思いますが、使い勝手が良くなかっ

Power Automate Desktopで3メガバンクを自動化

イメージ
Power Automate Desktopを使って、三菱UFJ、みずほ、三井住友銀行等、3メガバンクのサイトで口座明細の取得や海外送金などを自動化しています。そのポイントでも書いてみようかと思います。 最初は全然ダメ MicrosoftからRPA(Robotic Process Automation。ロボット的な工程自動化)ツールであるPower Automate Desktopが無償で提供されたので、早速インターネットバンキングの自動化を試してみました。 だがしかし、当初はサイトへのログインすら満足にできず全然ダメでした。 それでも色々試しているうちに少しずつ操作できるようになっていきました。 途中で新規ウィンドウを開くサイト なぜか三菱や三井のサイトはログインページの後にサービスのページを別のウィンドウとして開いています。 このような場合には、ウィンドウごとにブラウザインスタンスを用意してから、それに対して操作をする必要があります。 具体的には、新しいウィンドウが増えたら、新しいブラウザを起動するアクションを実行し、そのウィンドウに接続します。そこで生成されたブラウザインスタンスを示す変数に対して操作を行います。 WebオートメーションとUIオートメーション 自動化に使うアクションにはWebオートメーションとUIオートメーションがあります。 Webオートメーションはブラウザによって表示されるWebページの自動操作です。 UIオートメーションは一般的なWindowsアプリケーションを対象とした自動操作で、ブラウザもWindowsアプリケーションの一つなのでUIオートメーションを使っても操作は可能です。 始めのうちはこれらをごちゃまぜに使って動く方を使っていました。 しかし最近、Webオートメーションで扱えるものはUIからWebオートメーションに置き換えていったところ、そちらの方が動作が速く、なおかつ安定して動作するような気がしています。EdgeやChrome、FireFoxなどには拡張機能がブラウザにインストールされているため、より確実にブラウザを操作できるのだろうと思います。 ブラウザ内に表示されているものはできるだけWebオートメーションを使うと良さそうです。UIオートメーションでは選択できずキー送信との組み合わせでしのいでいたドロップダウンリストがWebオ