投稿

ルートアール USB-C 電圧電流チェッカーRT-TC5VABKを発注

ルートアールのUSB Type-A の電流電圧チェッカーを使っています。 ルートアール USB簡易テスター RT-USBVAC7QC を購入 最近はUSB-Cのデバイスが増えてきました。充電されているんだかされていないんだかわからないものも出てきたので、そろそろUSB-C対応の電流電圧テスターが欲しくなりました。 (Anker Power House 100がカーチャージャーから本当に充電されているのか確認したいと思いました) というわけで、USB-C対応で電流電圧テスター付きのルートアールRT-TC5VABKを購入しました。 ルートアール 双方向・メタル筐体・多機能表示 USB Type-C電圧・電流チェッカー (ケーブル付きモデル) RT-TC5VABK ¥2,880(税込み、配送料込み) ケーブル付きじゃない直挿しだと数値を読むのがとてもつらい場合があるので、ケーブル付きを選択しました。 Amazonにはこれを挟むと通信速度が下がるというレビューがあるので、充電時のテスターという事になります。 週末に届く予定です。 商品説明 Type-C機器の電圧・電流・通電方向・通電時間・ワット・積算電流・内部温度を簡単にチェックできる装置です。 堅牢制の高いメタル筐体を採用。 Type-Cオス・メスどちらにも電源(ホスト)の接続が可能な双方向入力と通電方向表示に対応しています。 本体のボタンを素早く二度押すと、画面の表示モードを切り替えることができます。 通電時間と積算電流は9ページ分記憶することができ、ボタンでページを切り替えて使用できます。 USB PD(Power Delivery) に対応し、20V/5A(100W)までの測定が可能です。 仕様 ■測定機能 :  電圧 4V~20V 、 電流 50mA~5A 、 通電方向、電力(ワット)、積算電流、内部温度、±DATA線電圧 ■表示 : 1インチ カラースクリーン ■入力出端子: USB Type-C オス、USB Type-C メス ■本体色 : ブラック ■ケーブル長 : 約10cm ■寸法/重量 : 55(W)×20(D)×8.5(H)mm (*ケーブル・突起部含まず) / 約17g ■付属品 : 簡易説明書、保証書 ご注意点 ※本製品は電源や端末に常時接続することを避け、測定時のみ接続をしてください。 ※本

グリーンライフのステンレス火起し火消壺が到着

イメージ
コンパクトかつ、しっかり蓋のできる火消壺が欲しくてグリーンライフの火起し兼用火消壺を発注したところ、届きました。 HOT-150S ステンレス火おこし兼用火消しつぼを発注 写真 フックをかける場所が凹んでいます どこかのサイトのスチールモデルのレビューでハンドルが小さくて持ちにくいと書かれていました。問題なく持てますし、手の小さい妻に持たせてみましたが、やはり問題ありませんでした。 蓋を外して 蓋と底は同じ部品と思われます フックが邪魔じゃないかと思っていましたが それほど邪魔ではありませんでした 高いところにかけてはいけません キャプテンスタッグとの比較 肉眼では細く感じます ファーストインプレッション 見た目はいいと思います。ステンレスにしてよかったと思います。 パッチン錠の動作は良好。これならしっかりロックされ外れることはなさそうです。 というか、既に蓋の方はしっかりはまっていて、フックなしでも外れなさそうなくらいです。というか少々外しにくいくらいです。 底の方は蓋に比べるとすんなり外れました。とはいえ、勝手に落ちてくるようなことは全くありません。 これだけしっかり蓋がしてあれば消火も確実だし、移動中にふたが外れることもなさそうなので横にしても問題なさそうです。 キャプテンスタッグとどちらが良いか これは甲乙つけがたい感じです。 使い勝手は、蓋が簡単に外せて、足もついているキャプテンスタッグの方が良いと思います。火消しの際の熱も外側に伝わりにくいと思うし。 車載するときには、細長くて蓋がしっかり閉まるグリーンライフの方が良いと思います。 どちらが良いかは、用途や積載のスペースによると思います。 しばらく両方使ってみて、どちらかをメルカリに出そうと思います。

そしてDODのチーズタープSを発注

北海道にもっていくタープとして、シールドレクタLかL.W.タープワイドにするか悩んでいました。 シールドレクタLかL.W.タープ ワイドか そして、DODのチーズタープMを見ながら、正方形でレクタとしてもウィングタープとしても使えて焚き火もイケル。なかなか良くない? と思いました。 サイズ的にもSなら ステラリッジ4 に丁度良い感じがします。 シールドレクタLの内側につるして雨の日の焚火用インナールーフとして使ってもよいかもしれません。(重量が気になりますが) モンベルには昔ルーフプロテクターという製品があったようです。それと同様の使い方です。 デイキャンプとルーフプロテクターの試験運用(`・ω・´) ランドロックのキャノピーの下につるして焚き火スペースにできるかもしれません(きれいに吊るせるか疑問ですが)。キャンプ場のルールによってはキャノピーの代わりに設置しても良いでしょう。 そして、価格は税込み13,200円と比較的財布にやさしいお値段です。L.W.タープワイドが約24,000円なので大分安いです。 というわけで、発注することにしました。 実際に試すのは来月となるでしょう。 仕様 カラー: カーキ サイズ: (約)W355×D355cm 収納サイズ: (約)W60×D13×H13cm 重量(付属品含む): (約)3.6kg 材質: ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%) 最低耐水圧: 350mm 付属品: ロープ×10本、キャリーバッグ DOD STORE価格: (消費税/送料込)13,200円 発注配送 5/19 木 20:34 発注確認メール 5/20 金 11:08 在庫確保メール 「日時指定不可の10営業日以内に出荷致します」という事でした。 下手すると出荷に二週間かかるってこと?

サーモス 真空断熱カップ/JDD-401とJOD-301を購入

イメージ
サーモスのスタッカブル・ダブルウォール・カップ、JOD-401とJOD-301を購入しました。 昼間なので酒が入っていません グラス類を統合したい これまでは友人からもらったアクリルビールグラス、登山時代から使っているスノーピークのダブルウォールマグカップ、日本酒を飲むための利き酒用おちょこ、の三つをキャンプで使っていました。 アクリルビールグラスは組み立て収納が面倒だし、ダブルウォールマグカップは場所を取ります。おちょこはキャンプではひっくり返しやすいし、いちいちつぐのも面倒(というかバランスを崩しやすい酔っ払いには危険)という問題がありました。 そして先日、Googleニュースにゼインアーツの記事が流れてきました。製品ページを見るとスタッカブルなダブルウォール・タンブラーがあるではないですか。 これを使えば、上の問題を一気に解決できるのでは? そして、熱燗も冷めにくいし、ハイボールの氷も解けにくい。最高じゃないですか! ゼインアーツのスタッカブルタンブラーは断念 早速購入しようと思いましたが、品切れで買えませんでした。 スタッキングタンブラー A&F本店に行ってみたけれど品物なし。 アルペンアウトドアーズフラッグシップストア新宿を見ていたら、サーモスのスタッカブル断熱カップを見つけました。しかし、塗装されていて好みではありません。せっかくのステンレスの色が隠されてしまっています。 真空断熱カップ/ROD-004 やっぱりゼインアーツか?と思い、ネットで買おうと思っても品切れで、入荷通知を設定して届いたら、おひとり様一個のみ。スタッカブルタンブラーを一個買ってどうする!?(怒) スノーピークは価格が高いし重なり具合が少ない スノーピークのスタッカブルタンブラーも見てみましたが、即、妻からダメ出しが出ました。 高すぎる! (収納ケースに)入らない! サーモタンブラー470 4色セット 色はいいと思うけど。 多色なのがグループキャンプにいい というわけで、やっぱりサーモスがいいかなと思って調べると、ステンレス色もあるではないですか。しかも滑り止めのゴムが多色なので、どれが誰のカップなのかわかりやすいのもイイ。 底のゴム、ソコカバーは外せて400と300で交換可能だったので、上の写真の組み合わせを二つ買えば、400と300に同じ色を割り当てることが可能です。これ

HOT-150S ステンレス火おこし兼用火消しつぼを発注

イメージ
先日、キャプテンスタッグの火消壺と火起しのセットを購入しました。 キャプテンスタッグ 大型 火消しつぼ 火起し器セット M-6625を購入 使ってみた結果、やはりもっとコンパクトでふたがしっかり閉まる火消壺が欲しくなりました。 というわけで、最初に検討していたグリーンライフの火おこし兼用火消しつぼをAmazonでポチっとな、としました。 仕様 BBQの準備・片付けに1台2役で便利! サビにくいステンレス製! 煙突効果で火おこし簡単!面倒な火おこしを時短できます。 使い終わった炭を入れて上下の蓋を閉めることで、密閉消化できます。消化後の炭は再利用が可能です。 サビにくく丈夫なステンレス製なので長くご使用いただけます。 蓋は簡単に固定できるパチン錠式です。 接合部は気密性の高いハゼ折り加工になっており、消化時間を短縮します。 サイズ/(約)幅17.5×奥行16×高さ25.5cm(ハンドル折りたたみ時) 材質/ステンレス JAN/4971715 367275 参考価格/7,700円(税込) ステンレスバージョン ステンレスバージョンがあるのは知っていましたが、前回検討した際には品切れで、それもありキャプテンスタッグを購入しました。 今回、再度購入を検討するにあたり、スチールバージョンでSなしのHOT-150とどちらにするか悩みました。 ステンレスバージョンについてはネットに全くと言っていいほど情報がなく、精度や使い勝手について不明です。 パッチン錠の使い勝手や耐久性も不明です。ロック能力は上かもしれないけれど、耐久性は低いのかもしれません。 ブログネタにもなるし、精度に問題がなければ長持ちするでしょうし、ステンレスを買ってみることにしました。二倍の実売価格なので二倍長持ちしてほしい。 5/18現在、スティール 2,191円、ステンレス 3,981円。 うちのによるとステンレスは4月に出たばかりらしい。(正確にはお知らせが出たのが4月。発売日は不明) 木曜日に届くけれど、実戦投入は6月になりそうです。 グリーンライフ グリーンライフは例によって新潟県三条市の会社で、商品ページを見ると園芸用品がトップに来ています。だからグリーンライフなのかもしれません。 グリーンライフはフィールドラックもどきも作っています。 UNIFRAME フィールドラック ブラック 届きました グリーン

過去の投稿を見る

もっと見る