アメニティドーム マットシートセット を購入しました

アメニティドームに組み合わせる専用のマット・シートセットを購入しました。

アメニティドーム マットシートセット

アメニティドームを新規に購入しました。
テント アメニティドームM

テントを買ったらやはりグランドシートが欲しいものです。

早速スノーピークのサイトを見てみたところ、インナーマットとセットの抱き合わせ商品はあるものの、グランドシート単品が見つかりません。スノーピーク、金儲けのためにそこまでやるか…

メリット

とはいえ、以前ランドブリーズで使ってみて、あのインナーがあると快適なのは事実です。厚みがあるので地面の凸凹は軽減されるし、断熱性もそこそこあるし、銀マットと違って滑ることもありません。

スノーピークが是非一度使ってもらいたいがためにセットにするというのもわからんでもありません。

悩んだ挙げ句に、ポチッとしてしまいました。

デメリット

インナーマットはとにかくかさばるのが難点です。以前は持て余して使うのをやめたくらいですから。

今回のインナーマットはランドブリーズ4のものに比べると大分コンパクトで、他の機材のコンパクト化が進んだ結果、これくらいならまあいいかなというレベルです。

仕様

[アメニティドーム フロアマット]
  • セット内容:本体、収納ケース 
  • 材質:表生地/68DポリエステルタフタPU加工、
    中芯/発泡ウレタン5mm、
    裏生地/68DポリエステルタフタPU加工 
  • 収納サイズ:95×13×48(h)cm 
  • 重量:1.7kg
  • 使用サイズ:257cm x 257cm × 6mm 実測

[アメニティドーム フロアシート]
  • セット内容:本体、収納ケース 
  • 材質:75Dポリエステルタフタ、PUコーティング、耐水圧1,800mmミニマム 
  • 収納サイズ:20×40cm 
  • 重量:0.6kg

購入場所

ビックカメラで税込み18,144円で、5%ポイントバック
ハピタスを通して1.8%ポイントバック
クレジットカード払いで1.5%マイルバック

実際に使ってみて

三連休に使ってきました。

グランドシート

当たり前にグランドシートだなと思っていました。でも、今回同行した方のコールマンのタフドーム純正のグランドシートを見たところ、ロゴスのグランドシート同様にブルーシート系で驚きました。

ブルーシート系はかさばるし、固くて扱いにくいし音もするので、純正品を買ってよかったと思いました。

ちなみに、シームテープが貼られているほうがテント側です。

インナーマット

かさばるけれど、厚いだけあって下の凸凹をある程度吸収するし、ある程度断熱性もあるし、銀マットと違って滑らないし、とても快適でした。

これまでかさばるので敬遠してきましたが、これはこれでありだと思いました。アメニティドームSにも買おうかと思うくらいでした。

見事にスノーピークの策略にハマっています。


2020/07/28追記
専用マットがあったランドブリーズは別として、それ以外のテントでは銀マットを使っていました。銀マットだとないよりはましですが、滑るし、膝で歩くとき下の小石が当たって痛い時があるし、気を使うし、快適とは言いがいたものでした。

もしかしたら、サイトに小石や小枝があった時など、インナーを敷いている方がテントの底も傷みにくいかもしれません。

コメント

過去の投稿を見る

もっと見る

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

テント アメニティドームM を購入しました

画面サイズとピクセル数から縦横サイズと解像度をExcelで計算する。

iPhone 12 Pro Max を発注