次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP

週末に自宅のIPv4をIPv6 IPoE化しました。

IPv4通信をPPPoEからIPoEに変更して高速化


Wi-Fi5がボトルネック

とりあえずIPv4が高速化できたのはメデタイのですが、その際にWi-Fi5がしっかりボトルネックになっていることにも気づかされました。

知らなければ仏でしたが、知ってしまった今となっては物欲番長です。

Wi-Fiを6にして、有線に対抗できる速度で通信したい!


WG2600HP4はASAHIネットにサポートされていない

それとあと、今使っているWG2600HP4というWi-FiルーターはプロバイダーのASAHIネットにサポートされていません。手動でパラメーターを指定してとりあえずIPv4 over IPv6を実現しています。

通信出来てはいるものの懸念材料です。なさそうだけれど、ファームウェアアップデートでつながらなくなるとか。


新たにv6コネクト対応ルーターが登場

そして、NECから新しいWi-Fi 6対応ルーターWX5400HPが丁度良く明後日の2/10木曜日に発売されることがわかりました。

今のルーターよりWi-Fiが高速化されて信頼性も向上し、それが毎日使うものという事であれば、買わないわけにはいかなそうです。

検索してみると次の記事が見つかりました。(NECの協力の元)とても良く書かれています。

NECの本気? メッシュ、セキュリティ、デザインの全方位で勝ちに来たWi-Fi 6ルーター「Aterm WX5400HP」


既存NECルーターに対する不満

NECのWi-Fiルーターは最近家でも職場でも実家でも使っていて、今のところそれほど悪くはありません。

しかし、現在自宅と職場で使っている少し前のモデルのファームウェア更新が自動で行われないのが気にいりません。昨年NECのWi-Fiルーターに脆弱性が見つかっていますし。

また、ゲスト用のSSIDからWANポート側に直接接続されているネットワークにアクセスできてしまうのも気に入りません。既存の社内LANにWi-Fiルーターを追加すると、ゲストユーザーが社内LANにアクセスできてしまいます。

Buffaloの場合、ゲストはLANポートもWANポートもアクセスできません。インターネットへの通信のみできます。


BuffaloもTP-Linkもいまひとつ

NECを使う前は、代々BuffaloのWi-Fiルーターを使ってきましたが、何年か使うと壊れてしまうし、付属のLANケーブルは腐っていて接続不良に悩まされたしで、もうBuffaloは避けたいと思っています。

しばらく前にTP-LinkのArcher A10も使ってみましたが、TP-Linkのクラウドに接続するみたいなのが不気味なのと、中華ルーターという事もあり使うのをやめました。

今検索してもこういう記事が見つかるので、やはりTP-Linkはやめて正解だったかもしれません。

プロ調査で脆弱性が大量に見つかってしまった“残念”な無線LANルーターとは?

基本的には売れている会社の製品の方が上の記事のように多くの人の目にさらされるため良くなりがちだとは思いますが。


しばらく様子を見てから購入

出たばかりの製品は何かと不具合が見つかりがちだし、価格面でも割高なのでしばらく様子を見てから購入しようと思います。

まだ価格.comにも登録されていませんし。


追記 追加されました。

Aterm WX5400HP PA-WX5400HP 価格.com

他のモデルの過去の履歴を見ると、一か月たつととりあえず数千円は下がりそうな感じがするので、しばらく待ってみます。


2割下がるまで待ち

昨年5月末に16,500円くらいで販売開始されたAterm WX3600HPが、7月には12,500円くらいまで下がっています。75%くらいの価格になっている計算です。

それなので8割下がるまで様子を見ようと思っています。価格COMのメール通知機能を有効化しました。


購入しました

2022/3/26 追記

価格com最安値が15,000円台まで下がっていたので、飲んだ勢いでうかつにもポチっとしてしまいました。

購入したのはビックカメラ

16,380円で購入。ポイントを考慮すると 14,906円。ハピタスから2%ポイントが返ってくるので327円引いて14,578円。目標としていた15,000円を下回りました。

当初は18,000円台だったので、3千円くらい安く買えたことになります。

出てすぐはバグもあるので可能なら様子見が良いと思います。

WX5400HP バージョンアップ履歴

今日届くので、明日にでもセットアップしてみようかと思います。

(今日はキャンプ道具の手入れ)

ちなみに、現在のGoogle インターネット速度テストの結果は次の通りです。大体こんな感じです。時折妙に速度が遅いときがあるのもいつも通りです。

はたして、Wi-Fi6になってどうなるのか。楽しみです。



コメント

過去の投稿を見る

もっと見る

アクセスランキング(過去30日間)

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

テントやタープなど防水製品には寿命がある