クロノスキャビン4という選択

キャンプに行って帰って来ると疲れるのでもうちょっとライトにキャンプができないだろうかと、テントを見直していました。


アメニティドームM

現在使っているのはスノーピークのアメニティドームM。

テント アメニティドームM (SDE-001RH)を購入しました

スノーピークのテントをいくつか使ってきたので今になってみると半分惰性で選んだ気もします。


クロノスキャビン

しばらく前にモンベルからクロノスドームというテントが出ていることを知り、気になっていました。クロノスドームの前室拡張版がクロノスキャビンです。

クロノスキャビン4

今回、無印南乗鞍で見かけてさらに気になりました。アメニティドームと比較すると、なかなか魅力的です。


設営しやすいフレーム

アメニティドームが4本のフレームで構成されているのに対して、クロノスは構造的には3本です。

クロノスはさらにクロスするメインポールが一体化していてなおかつ吊り下げ式のため簡単にインナーを張ることができます。

ポールを挿しこむ部分も、モンベルの山岳用テントであるステラリッジと同様のハトメに挿しこむタイプで、アメニティドームのように簡単に抜けたりはしません。一人でも楽に設営できることでしょう。


フライもセットしやすい

フライにしてもアメニティドームはバックル付きのテープで6か所締める必要がありますが、クロノスはゴムを使って自動的にテンションがかかる仕組みです。このあたりもステラリッジの仕組みを継承しています。


インナーが低いけれど前室は高いクロノス

アメニティドームのインナーが高さ150cmなのに対して、クロノスは140cmと10cm低く(クロスパーツ分だけさらに低いかもしれません)、テント内で立ち上がった時の快適さはアメニティドームの方が上になるでしょう。

しかし、アメニティドームの前室はインナーより低いのに対して、クロノスキャビンはむしろ165cmと高くなっています。

インナーテントで立ち上がることは少ないのに対して、前室は基本立って歩くものです。当然ながら前室の快適性はクロノスキャビンが上だとみるべきでしょう。


アメニティドームのマットが使えるかも

アメニティドームのインナーの床が265cm x 265cm なのに対してクロノスは260cm x 260cmと若干小さいです。これはおそらくほとんど差がないと思います。

これによる大きなメリットはアメニティドームのマットセットをクロノスに流用できるかもしれないという事です。マットは255cm x 255cmです。

アメニティドームの高額なマットシートセットを買ってみたところ、これが想像をはるかに超えて快適でした。

アメニティドーム マットシートセット を購入しました

以前は、ごつごつした土の上を膝を立てて歩き小石を踏んだり、木の根に当たったりして痛い思いをしていましたが、マットを使うようになってからは不快感とは無縁です。

クロノスキャビンには純正インナーマットはなく、ムーンライト4 テントマットを使う事になるようです。厚さが書かれていませんが、3mm位かもしれません。


キャノピーはクロノスの方が高い

アメニティドームの前室を跳ね上げてひさしにするアップライトポールが150cmなのに対してクロノスキャビンは185cmもあります。解放感や出入りの容易さは比較にならないと思います。

アメニティドームアップライトポールセット TP-090 を購入


ペグはクロノスキャビンが少ない

アメニティドームの付属ペグが18本なのに対してクロノスキャビンは15本と3本少ないです。

そして、アメニティドームにはさらに張り綱を張るループが4本分あるので、まじめに張った場合には22本です。7本違うとさすがに違ってきます。


クロノスキャビンは左右対称

クロノスキャビンは左右対称ですが、アメニティドームは前室サイドの出入り口の分、前室が変形しています。

大した事なさそうに思えるかもしれませんが、実際に張っているとサイト内での位置決めがしづらくて失敗する事もあります。


収納サイズはクロノスキャビンの方が小さいかも

アメニティドーム

サイズ: 74×22×25(h)cm
重量: 8kg


クロノスキャビン

本体: 57cm x 直径25cm
ポール: 50cm x 直径6cm
重量: 6.35kg


ポールを含めても若干クロノスキャビンの方が小さいのかなと思います。


通風性はクロノスキャビン

アメニティドームのメインポールがスリーブを通すのに対して、クロノスキャビンは吊り下げ式です。

フライとインナーの間に余計なスリーブがないのでクロノスキャビンの方が明らかに通気性が高いと思います。ただし、夏は換気がされて良いかもしれませんが、冬は空気が通り過ぎて寒いかもしれません。

しかし、クロノスキャビンの方がインナーの容積は小さいので結果的にはクロノスの方が暖かい(夏は暑い)かもしれません。


色はアメニティドームがイイ

アメニティドームの自然な色に対して、クロノスキャビンはオモチャのような自然にそぐわないどうしてこうなったという青です。

クロノスキャビン3だとオレンジがあるのでまだましですが、4の青だけはいただけないです。モンベルが心を入れ替えてアースカラーやナチュラルカラーを出してくれるまでは購入候補にはなりません。

モンベルは以前ステラリッジで色違いのフライをオプションで出していたことがあったと思うので、それを期待することにします。

なお、私は以前はオレンジのステラリッジを使っていました。これは中にいると明るい気分になったので、良かったと思います。本来は遭難時に発見されやすい色なんだと思いますが。


まとめ

設営のしやすさや前室の快適さを考えるとクロノスキャビンはなかなか良い選択肢だと思いました。

あの色さえなければ、クロノスキャビンに買い換えるのも一つです

色が気に入ってインナーの狭さが気にならなければクロノスは買いの一手ではないかと思います。



コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

iPhone 12 Pro Maxでも裸族かも

テントやタープなど防水製品には寿命がある

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

テント アメニティドームM (SDE-001RH)を購入しました

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る