BRAVIAの「音質モード連動」でSTR-DN1080がMULTIチャンネルモードになる

テレビを工場出荷状態にリセットしたところ、ニュース番組を見る際に、SONYのAVアンプ、STR-DN1080のサウンドフィールド(サラウンドのモード)がマルチチャンネルステレオ(MULTI, MULTI ST.)になってしまうようになりました。

マルチチャンネルだと、リアスピーカーからフロントと同じ音が出てきてしまいます。パーティーの時にはいいかもしれませんが、リアスピーカー近くに机があるためうるさくて、いちいちサウンドフィールドを選択し直すが面倒です。


原因は「音質モード連動」

「設定」「画面と音声」「音声出力」の「音質モード連動」が有効になっていると、アンプ側のサウンドフィールドが自動的に切り替えられてしまう場合があります。
テレビの音質モードの変更に連動して、特定のオーディオシステムのサウンドフィールドが自動的に切り換わります。

今回はそれにより、マルチに切り替わっていました。


購入当初に悩んだ問題で、今回テレビを初期化したら再発しました。また忘れないように記録に残しておくことにしました。


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

NEC Aterm WX5400HP をセットアップ