Microsoft Defender で早速トラブル

Microsoft Defenderが誤検出

一昨日の晩にパソコンでWebを見ていたら、Defender から脅威がブロックされたという通知がありました。

えっ?と思って見ると、複数の重大な問題が検知され、その後もさらに増えています。

検出されたのは画面の通り Behavior:Win32/Hive.ZY でした。

https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=142185&name=Behavior:Win32/Hive.ZY&threatid=2147830806

ネットを検索してみましたが、有益な情報が見当たりませんでした。

Chromeを起動すると検出されるので、Chromeがらみの可能性があると思い、拡張機能を見てみましたが、MicrosoftとGoogleのものだけでした。

とりあえずフルスキャンをかけて寝ることにしました。

翌朝、再度検索してみると、ネットに誤検出と書かれています。その後、記事も出ました。

Windowsのセキュリティアプリ「Microsoft Defender」がChromeやDiscordなどをマルウェアと誤検知するバグが発生


問題点

今回トラブルが生じて思ったのは、無料のDefenderでは問い合わせ先がないという事です。

法人向けのシマンテックを使っていた際にもたまに誤検出があり、それはシマンテックに問い合わせて解決していました。(検出されたファイルを送ると)

無料のDefenderを使う場合、どこに問い合わせができて、現実的な時間で回答がもらえるのか。これが問題点だと思いました。

私の場合は、個人で企業向けのMicrosoft 365 を契約しているので、これに Defender for Business のライセンスを追加するという方法があります。330円/月。

他には、 Microsoft 365 Familyを使うという方法もありそうです。¥18,400/年(6人まで利用可能)。ただし、こちらはサポートがついてくるのかどうかという肝心な問題もあります。要確認です。


利用開始早々トラブルに見舞われましたが、今後の利用を考える上では、問題が早いうちにわかって良かったと思いました。


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

テントやタープなど防水製品には寿命がある