ランドロックのシールドルーフ TP-670SRを発注

先日購入したランドロックのシールドルーフをスポーツオーソリティーに発注しました。


シールドルーフは品切れ

先日、ランドロックを購入しました。

次期主力2ルームテント、Snow Peakのランドロックを発注

残念ながら、シールドルーフは店頭及びメーカー在庫なしでした。


Amazonのスポーツオーソリティー

今日、たまたまAmazonで検索してみたところ、スポーツオーソリティーが販売していました。ただ、入荷見込みで販売しているらしく、4、5日かかるようなことが書いてありました。

楽天を見てみると、複数のショップが販売をしていましたが、2万円前後の値付けがほとんどで、定価で販売しているのは2店舗だけでした。

その2店舗よりはスポーツオーソリティーの方が信用できたので、スポーツオーソリティーに発注しました。12月14日から12月16日の間に到着予定、と書かれています。

購入価格は 12,980円の定価です。

そして、購入価格を確認するため、再度商品ページを見たら、もう売り切れていました!! 20分も経っていないのに。ラッキーでした。

これで2月のキャンプには持って行けそうです。


シールドルーフの効果

ちなみに、シールドルーフは飾りではなく、陽ざしの軽減や、結露の軽減も期待できるようですし、テントが劣化したときの雨漏り防止にも役立つと思います。

結露の軽減というのは、幕体とルーフの間に空気層ができる事で、外気とテント内の温度差が軽減され、その結果結露が減るのだろうと思います。

結露はさておき、これまで使っていたスクリーンタープでは、陽ざしや雨漏りに悩まされていて、ルーフを切に希望していたので、シールドルーフの購入は検討するまでもなくマストアイテムでした。

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました


収納サイズ

2021/12/23 追記

収納時サイズをティッシュボックスと比較して見ました。

左からシールドルーフ、インナーテント用グランドシート、そしてティッシュボックスです。

ルーフもそしてグランドシートも大きいです。ティッシュボックスが小さく見えます。

試しに重量を計ってみたら740g位でした。カタログスペックは1kgなのでだいぶ軽いです。

袋のサイズが22 x 39cm位。こちらもカタログより少し小さいです。

重量: 1kg
収納サイズ: 23×42cm
セット内容: 本体、収納ケース
特長: より高いレベルで日射しや降雨から守るシート。
仕様: 
● セット内容:本体、収納ケース
● 材質:本体/75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
● 収納サイズ:23×42cm


ランドロックグランドシート

ついでにランドロック グランドシート(TP-670-1)も書いてみようと思います。

収納袋には「ランドロック インナーテント グランドシート」と書かれています。

実測重量は945g位でした。こちらはカタログスペック通りと言ってよいと思います。

サイズ: 345×215cm
重量: 1kg
セット内容: 本体、収納ケース
特長: インナーテントのボトムを地表から保護します。 ※オプション単体ではお使い頂けません。
仕様: 
● セット内容:本体、収納ケース
● 材質:210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム




コメント

過去の投稿を見る

もっと見る

アクセスランキング(過去30日間)

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

テントやタープなど防水製品には寿命がある

ノートンのマルウェア化が止まらない

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

セキュリティ対策ソフトは何がいいのか