張り綱のカラビナ化を断念

 ゼインアーツのLOLOが良さそうと思ったけれど、張り綱(ガイライン/ガイロープ)が28本もあるのに恐れをなしました。こんなにあったら結ぶだけでいい時間を取られます。

 前から思っていたけれど、張り綱の先をカラビナにしたらどうなんだろうと検討してみました。

 検索すると、既に実践している方がいました。

便利な小技!張り綱にカラビナつけて簡単取り外し!

 この方は百均のカラビナを使っていますが、それだと強度が気になります。

ロープの強度は200kgから300kg

 検索してみると、4mmポリプロピレンロープの強度は180kgから300kg程度のようです。

繊維ロープの強度表と安全荷重 ロープ屋本舗 0.18トンと書かれています。

張り綱の種類と強度 パラシュート用は200 - 300kgらしい

 ということは概ね200kgはカラビナにも耐えてほしいところです。

200kgに耐えるカラビナは巨大

 Amazonでカラビナを検索すると、トラスコだと14cmとかの大きさになってようやく200kgを超えます。

 TRUSCO(トラスコ) 国産ステンレスカラビナハーケン NS型 12X140mm TSKH12NS

 上のページにあるように、もやい結びにした時が7割弱の強度に落ちるとしても、140kg位の強度は欲しいところです。それでも11cm

 こんなの張り綱につけておけません。登山用のカラビナの方がまだましです。次の製品は10cmで25kN(約2.5トン)

ネオクラシック ワイヤー

 登山用のカラビナを小型化すれば、5cm位でも十分耐えそうです(断面積が1/4と考えても500kgはいけそうです)が、モノがないので仕方がありません。

 というわけで、カラビナをつけるのは断念。

もやい結びを早くする

 となると、他の解決策は、もやい結び(Bowline knot/ボゥリンノット)を早くする方法です。次の動画で素早く結ぶ方法が紹介されていました。

 オーソドックスな方法

もやい結び【1秒もやい】効率的で無駄のないロープワーク

 より早い方法

もやい結び「忍者もやい」最速のロープワーク Ninja Bowline Knot

 張り綱は細いため勝手が違いますが、アレンジして慣れると迷いなく素早く結べます。これで、もう結びは気にしなくてもよいかもしれません。ただし、こちらの方法の方が、ロープへの負荷(こすれやねじれ)が高い気がします。

 余計なものもいらないし、安全確実な方法でした。


コメント

アクセスランキング(過去30日間)

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

タレックス(TALEX)のサングラスには寿命がある

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP