荒船パノラマキャンプフィールドで大失敗

今年のゴールデンウィークに荒船パノラマキャンプフィールド(旧内山牧場キャンプ場)に行きました。

当日の早朝に到着し、チェックイン開始と同時に入場しました。

場内は五里霧中で荒船山がどこにあるのかさっぱりわかりません(笑)

勝負で設営場所を決めて、ランドロックの設営を開始しようとして、血の気がサーッと引きました。フレームが…ない…

ランドロックは本体ケースとフレームを入れるケースの二つに分かれています。今回、フレームを入れるケースを丸々忘れてきてしまいました。

初代のテント、ステラリッジは本体とフレームが別々のケースでしたが、その後購入したテントはすべてフレームも一つのケースに入れるタイプでした。

そしてフレームケースを入れる棚には同じ色のアメニティドームMのケースが。フレームのことを完全に失念しているので、今回ドームはいらないし、とか思っていました。

二人だけなら別に持ってきた2代目ステラリッジでキャンプをすればよいのですが、今回は他の参加者もいました。

ヘキサタープはあったものの、当日の天候は雨と低温で、ステラリッジを設営するだけで手がかじかんでくるほどです。ヘキサでは夜を過ごせる気がしません。

やむを得ず出した結論は、東京まで取りに帰る、でした。

幸い、早く到着したおかげで時間は十分あります。私と妻の二人で家まで取りに帰る事にしました。

焦ると事故の元なので、心中で(calm down, calm down)を繰り返し唱えながら走りました。

ところが、こんなときにGoogle先生が教えてくれた道は、なんと時間による進入禁止規制がある道で、やむなく途中で引き返すことに。急がば回れ、来た道を戻るべきでした。

(県道44号線の、荒船風穴 駐車場 ①から先が9 - 16の間進入禁止となるようです。おそらく季節により表示が変わるのでしょう。ストリートビュー

自宅に帰り、キャンプ場まで再度戻った時にはデジャビューを感じました。あれ?、このキャンプ場一度来たことがある気がするなぁ、って。

サイトについてみると、今度は雨と低温に加えて強風が。周りを見ると、オープンタープはつぶれているものや、ポールを倒したうえでペグダウンされているものがあります。近くのコールマンのファミリータイプのテントも明らかにポールが折れていると思えます(朝起きたら撤収されていました)。

よもやランドロックの耐風設営訓練をすることになろうとは。

次のように設営しました。

  1. ランドロックのフロアの長辺一つを30cmペグでペグダウン
  2. 風を受けないようにパネルのファスナーを開放
  3. 正面パネルにあるメインの張り綱4本をペグダウン
  4. フレーム立ち上げ
  5. 4本の張り綱にテンションをかける
  6. 他の張り綱を順次設置
  7. パネルを閉める

当初は風に煽られていましたが、張り綱をペグダウンするにつれて安定し、最後にはしっかりと張ることができました。

風雨と低温で、ランドロックがなければ、それぞれのテントで食事をするしかなかったと思います。やはり持つべきものはシェルター。

食事中に時折強風が吹き、ランドロックが揺れることはありましたが、問題なく翌朝を迎えることができました。

ちなみにこの時は各地のキャンプ場で風が猛威を振るったようです。

翌朝、荒船山が逆方向に

ステラリッジはもちろん、ランドロックも問題なし

暴風一過、さわやかな春の空

日が暮れます

とんでもない大失敗でしたが、過ぎ去った今となってはいい思い出です。という事にしておきます。




コメント

アクセスランキング(過去30日間)

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

タレックス(TALEX)のサングラスには寿命がある

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP