Panasonicのコンパクトコードレス電話機VE-GDL45DL-Wを購入

電話機が壊れたので、Panasonicのコンパクトコードレス電話機VE-GDL45DL-Wを購入しました。


これまで使っていたのは

同じくPanasonicのVE-SV06-S。

留守録メッセージを再生すると勝手に留守電モードが解除されてしまうし、メッセージを消すのにも手間がかかるろくでもない電話機でした。

Panasonicにありがちな、設計者は一回でも使ったことあるのかという完成度の低い製品でした。

そのため次はPanasonicを買うつもりはありませんでした。

なお、妻によると内臓バッテリーがないので、停電になると時刻が狂って録音時刻がでたらめになるという事です。


選択肢はPanasonicとSHARP

しかし、Amazonで電話機を検索してみると、コンパクトタイプの電話機の選択肢は事実上PanasonicとSHARPしかありません。

SHARPにはいい思い出が全くないので、結局選択肢はPanasonicの一択でした。

その中でも親機がコンパクトで、子機を自由に設置できるVE-GDL45DL-Wを選択してみました。kakaku.comによると2019/11/14発売と比較的新しいです。

デジタルコードレス電話機 VE-GDL45DL

親機には通話機能がなく子機との通信機能しかないためコンパクトですっきりしています。

1.9GHz帯の無線方式を採用しているので、2.4GHzの電子レンジやWi-Fi、無線マウス等と干渉しないため通話がクリアなようです。

その他、各種迷惑電話対応機能がついていて、家のドアホンがPanasonicの対応モデルならそちらとの連携もできるようです。

今となってはあまり使わないのでこれでもよいかと思います。

購入したのはAmazon直接で7091円。

明日到着予定です。


やはり親機はコンパクト

8/18追記

届いたので設置しました。

親機はやはりコンパクトです。

左の白いのが新しい親機でシルバーは旧型


AppleWatchやルーターと比較

省スペースだし、受話器を好きな場所に置けるのもうれしいです。今まではルーターのそばに置くしかなかったので、取りに行くのに時間がかかっていました。今後は手を伸ばすだけでサクッと取れます。


不満点

早速の不満点は留守電ボタンが押しにくい事。一番左下のキャッチのボタンが留守電ボタンを兼ねています。「留守」の文字は充電器に隠れて見えないし… 


もっとも、今度のモデルはメッセージを再生しても留守電モードが解除されないような気がするので、押す機会がないのかもしれません。うちは家にいても留守電モードにしっぱなしなので。

しばらく使ってみて、またその結果を書いてみようと思います。

コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

iPhone 12 Pro Maxでも裸族かも

テントやタープなど防水製品には寿命がある

タレックス(TALEX)のサングラスには寿命がある

テント アメニティドームM (SDE-001RH)を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入