有線LAN(1000BASE-T)の実効速度は1Gbps近くある

今どきの1Gbps(1000BASE-T)有線LANの実効速度は1Gbps近くあります。

次のタスクマネージャーの画像は、SSDのドライブを持つWindows 10 PCからHDDのドライブを持つWindows 2012 R2に40GBのメールファイル(.pst)をコピーしたときのものです。


グラフを見ると概ね1Gbps近く出ていることがわかります。パソコンの操作をすると低下しますが放っておくとまた回復します。このときのエクスプローラーによる書き込み速度は110MB/s程度でした。

10年くらい前にも職場の複数のPCからサーバーへ同時にバックアップを行ったところ、PCはともかくサーバー側では1Gbps近く出ているのを見て、HDDを含めて実効速度でもそれだけ出るのかと驚いた記憶があります。

これだけ速度が出ると、少なくともサーバー側だけでも10Gbpsにする効果はあるのかもしれません。もっとも、ドライブがSSDではないと効果に限りがありそうですが。


2021/7/29追記
無線のインターネット接続で400Mbpsを記録しました。

コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

iPhone 12 Pro Maxでも裸族かも

テントやタープなど防水製品には寿命がある

タレックス(TALEX)のサングラスには寿命がある

テント アメニティドームM (SDE-001RH)を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入