VBAとマクロの意味

Visual Basic for Applicationsの略です。

Visual Basicとはコンピューター言語のことで、ここでいうApplicationsとはExcel、WordなどのOfficeアプリケーションを指しているものと思います。

つまり、Office製品のためのVisual Basicというこで、ExcelやWordを操作するための言語ということになると思います。

Visual Basic

Visual Basicという言語は、Basicを元にMicrosoftがGUIプログラムを開発するために作り出した言語の一つだと思います。

そして、VBAはVisual Basic 6.0 をベースに作られているようで、言語仕様も古いです。

"Hello Wrold".substr みたいなこともできないので、インテリセンスも使えずいまひとつです。

try catch が使えないのも痛いです。

それでも慣れればそれなりには使えます。

Basic

Basicは、ずいぶん昔からあるコンピューター言語であり、また初期のパソコンではOSでもありました。

VBAはこの原始的な言語の仕様を引きずっているため、C言語など他言語習得者から見るとわかりにくいところがあると思っています。

マクロ

マクロというのはわかりにくい言葉だと思います。

以前調べてみたところ、元々はアセンブラー言語で複数の命令をひとまとめにして実行する機能だったようです。

昔使っていたあるCADソフトのカスタマイズ用の言語(やはりBasicに似ていました)もマクロ言語と呼ばれていました。

マクロとはまとめて実行する事、もしくは実行するもの、とでも理解しておけばよいのかもしれません。

用法としては、VBAを使ってマクロを開発する、といった使い方などがあります。ここではVBAは言語、マクロは機能という意味になります。

マクロは言語を意味する場合もあるので、VBAとマクロが同義で語られることもあると思います。

コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

テント アメニティドームM を購入しました

iPhone 12 Pro Max を発注

画面サイズとピクセル数から縦横サイズと解像度をExcelで計算する。