Chromeでページ内の単語を検索すると結果が右側に表示される

Webページに含まれる単語を検索するために、選択して右クリックして検索することが多いです。

昨日か一昨日位から、検索結果が新しいウィンドウで表示されず、検索したウィンドウ内に表示されるようになってしまいました。

しかも、元のページの内容が消えているし。

仕方なく、「設定」から「リセットとクリーンアップ」を実行しました。

その結果、元のページは表示されるようになったけれど、相変わらず、検索結果は右側に表示されています。

どうやら5日前くらいから出ている人もいるらしい。

日本語ではらちが明かないので「google search result right panel chrome」で検索すると、次のページがヒットしました。

How to use Side Search in Google Chrome on Windows PC?

このページを元にしてテストしたところ、どうやら Side Search がDefaultだと生じる問題のようです。

Enabled もしくは Disabled を選ぶと解消し、Defaultに戻すと発症します。

サイドバー自体は便利そうなので、Enabledにすると良さそうです。以下はその手順です。


1. 新しいウィンドウを開いてアドレスバーに chrome://flags/# と入力し、エンターキーを押します。

2. 検索ボックスに side search と入力すると自動的に絞り込まれるので、「Side Search」のオプションを「Default」から「Enabled」に変更します。

図ではDisabledが選ばれています

3. ウィンドウ右下の「Relaunch」をクリックします。自動的にChromeが再起動されるので、入力途中のWebページに注意しましょう。

以上の作業で無事に、新しいウィンドウで開くようになりました。


サイドサーチ

この機能は、上の記事では Ver. 107 で利用可能になったと書かれています。

しかし、次の記事を読むとかなり前から実装されていたようです。

「Google Chrome」にサイドパネル検索の隠し機能、フラグの編集で有効化できる

結構便利かもしれないので、使ってみようと思います。


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

NEC Aterm WX5400HP をセットアップ

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

次期主力Wi-Fiルーター NEC Aterm WX5400HP

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する