iPhoneのマップで、交通量の多い道路を利用しない

歩くのは体にいいらしい

数年前から健康のために歩くことを心がけています。

歩くのはかなり体に良く、なおかつ心理的にも良いらしい、もっとも安上がりなワークアウトです。

散歩が心の健康に与える5つのメリットを臨床心理士が解説


都内は交通量が多いのが問題

だがしかし、都内で散歩すると交通量が多い道が多いのが問題です。Googleマップを使うと、大通りなど交通量が多い道を選びがちです。

大通りは空気も悪いし、うるさいし、心身にいいんだか悪いんだかわかりません。


交通量の多い道路を利用しない オプション

先日、AppleWatchから純正マップを操作した際に、何かいい検索方法がないものか?と思っていじっていたら「交通量の多い道路」を「利用しない」というドンピシャな検索オプションがあるのを知りました。

目的地の右の「>」をタップすると

「利用しない」に「交通量の多い道路」が表示されています

ちなみに、iPhoneのマップアプリだと、徒歩検索するすぐ隣に「交通量の多い道路を利用しない」オプションが表示されます。


実際に使ってみると

これを使って家から阿佐ヶ谷まで歩いてみたところ、確かに青梅街道を避けて、これまで通ったこともない静かな道を案内してくれました。

さらに先日iPad Airを新宿のアップルストアまで買いに行く際に使ったら、概ね青梅街道を避けて案内してくれました。使える!

いずれ深大寺に行く時にも使ってみます。

コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

ZIPファイルを開こうとすると、展開を完了できません、と言われる

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Power Automate Desktopでブラウザでダウンロードしたファイルを処理する

Windows セキュリティーのビックリマークが消えない

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

NEC Aterm WX5400HP をセットアップ

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

オカムラ家具のOAチェアー、コンテッサを分解清掃