ホンダ フィットハイブリッドの自動運転にびっくり

日光菖蒲ヶ浜キャンプ場に行くのにニッポンレンタカーからフィットハイブリッドを借りたところ、アクセルとブレーキを車が制御して勝手に前の車についていく追従クルーズコントロールはもちろん、高速の車線を自動認識して中央を走るようにハンドルを勝手に切るレーンアシストまで付いていて、その進化に驚きました。



待っていたのはフィットでした

当初は、ベンツCLA180シューティングブレークもありか、と思っていたところ、エコカーでは唯一アクアやフィットのコンパクトエコカーのクラスも空いていました。うちのに、ベンツが25000円でアクアが18000円と言ったら、(安い方に)決まりじゃん、と言われて、ああ、クルーズコントロールが…、と思いながらコンパクトエコカークラスを予約しました。そして、当日朝、ニッポンレンタカーに行ってみたら用意されていたのはホンダのフィットでした。

追従コントロール

ああ、フィットかぁ、と思いながら乗り込んで運転してみたところ、なんとクルーズコントロールが付いています(そういえばハイブリッドは大概付いていた気がします)。しかも、前の車についていく追従クルーズコントロールっぽいです。

半信半疑ながら高速で開始してみたところ、なんとやはりプリウスやベンツGLA同様に追従クルーズコントロールができるではないですか! しかも車間距離はプリウスやベンツ以上に広げることができます!

プリウスにしてもベンツにしても追従コントロールの車間距離が私にとっては今ひとつ狭いのが気にいらず、ストレスを感じていました。

車間が広ければ玉突き衝突のリスクが減るし、前の車がブレーキを踏んでもすぐにブレーキを踏む必要がなく燃費が向上します。後続車にブレーキが波及しにくくなるので渋滞の発生も抑制または解消されます。

自動運転なんて、いまいち信用できない人の助手席に乗るようなもんですから車間は広いに越したことはないです。

今回のフィットはなんと私の車間距離間隔とぴったり一致していました。そして、高速によくある車間距離チェックのところで見てみたら丁度100m位でした。政府推奨どおりです。

高速道路本線では前の車両を見失うことはありませんでした。しかし、ジャンクションはもちろん、外環の和光近辺のカーブのきついところでも先行車を見失ってしまい、カーブにも関わらずアクセルを開けて加速してしまいました。このあたりは今後の改善に期待です。スバルのアイサイトならこれにも対応できるのかもしれません。

残念なことにフィットの追従クルーズコントロールが効くのは30km/h以上のときだけ。それより下になると効かなくなってしまいます。速度が低下すると警告音がなり勝手に解除されてしまいます。

このあたりはプリウスやベンツに大幅に劣るところです。30km/hより下の速度域もぜひサポートしてほしいものです。ちなみに、ホンダの他の車種では全車速追従もあるようです。

レーンアシスト

なによりブッたまげたのはレーンアシストを装備していること。

プリウスにもそれらしき機能があり、車線逸脱を警告してくれて、更に危なくなるとハンドルも切ってくれるようです。ただし、あくまでも事故防止機能で、普段は役に立ちません。

しかし、フィットはなんと高速では常に勝手にハンドルを切ってくれます。直線からカーブに入るタイミングで手を軽く浮かせてみていたところ、勝手にハンドルを切って曲がってくれました。ついにここまで来たかという思いです。

今回、東京から奥日光まで行ってきました。高速でのレーンアシスト中、明確に私が介入しないとやばかったというのは、記憶では帰りの外環近くの一回限りでした。その場所では破線の白線がすり減ってシステムが車線を認識できなくなっていました。

このとき車は車線を見失っていて警告してこないので、完全に目をそらしていたら車線を外れて事故を起こしていたかもしれません。必ず人間による監視が必要です。

交通標識自動認識

走っていると、コンソールに速度制限や追い越し禁止の標識が表示され、たまに速度超過を音声で警告されました。

通信で道路情報を拾っているのだろうかと思ったけれどそれだと通信費がかかるはずです。ケチなニッポンレンタカーがそんな事するとは思えなかったので、家に帰ってきてから調べてみたところ、なんとカメラが搭載されていて道路標識を画像認識しているようです。驚きです。

タイプ

今回乗ったのはハイブリッドで、タイプFだと思います。タイプL Honda sensingになるとオートライトが付いていますが、借りたものには付いていなかったからです。おそらく安く上げるためにタイプFにしたけれど安全装備はオプションで付けたという感じではないかと思います。

オートライトが付いていないと煩わしいし、夕暮れやトンネル内は無灯火だと危ないので是非付けてほしいものです。

今回乗ってみて、もうちょっと静かならいいんだけどなぁ、と思ったところ、タイプS Honda sensingがありました。これは遮音性その他を向上させたモデルです。これなら快適な長距離ドライブを楽しめそうです。ただし代償として燃費は悪くなっているようです。年間走行距離が多くないのであればタイプSというのはかなりいい選択肢かもしれないと思いました。

燃費

ニッポンレンタカーのレシートによると448km走ったことになっています。最後に給油したのは20.19L。なので燃費は22.19km/Lということになります。

ただ、走行中、概ね燃費は24km/L台が表示されていました。表示に問題があるのか、ニッポンレンタカーのメーター読みが間違っているのか(過去に明らかに間違ってるだろという事がありました)、それとも前に借りた輩がガソリンを満タンにしなかったか、遠くのガソリンスタンドで入れたか…

総合

ホンダのハイブリッドと言うと、初期の頃のフィットハイブリッドやフィットシャトルに乗ったことがあるため、トヨタに遅れを取るメーカーというイメージが強くありました。しかし、今回の追従クルーズコントロールとレーンアシストでそのイメージはひっくり返りました。

帰りの高速はほぼ自動運転で加速の仕方も私好みのゆっくりとしたエコ加速です。車間といい加速といい自分で運転しているのに近い感じでとても良かったです。(単に非力で加速できないという可能性もありますが)

ホンダの上のグレードの車では30km/h以下でもクルーズコントロールが機能するようです。買うならホンダ車もありだと思いました。


コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入

テント アメニティドームM を購入しました

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

画面サイズとピクセル数から縦横サイズと解像度をExcelで計算する。

テントやタープなど防水製品には寿命がある