Mercedes Benz GLA 180をレンタル

ゴールデン・ウィークのさなかにレンタカーを借りようとしたところ普通の車はソールドアウト状態で、プレミアムカークラスのベンツしか空いていなくてGLA180を借りることになりました。


ニッポンレンタカープレミアムカー

ニッポンレンタカーではしばらく前からディーラーのヤナセと提携してベンツなど輸入高級車をレンタルしています。
https://www.nipponrentacar.co.jp/service/luxury/index.htm

以前、軽井沢に行く際にも一番安いアウディを借りていったことがあり楽しめました。

ベンツというと高いというイメージが有り、今回借りた際にもうちのから見栄っ張りだと文句を言われたけれど、昨日借りられる中で一番安いもので13,000円だと言ったら、価格に驚いて納得していました。プリウスでも1万円くらいしますから。

3千円くらいの割増でラグジュアリー気分を味わえるならありだと思います。

ゴールデン・ウィークの最中に思い立って車を借りようとしたところ、店舗によっては一クラスか二クラスプレミアムカーが空いているところがありました。ちなみにエコカーや乗用車は全滅で満車でした。

Mercedes Benz GLA 180

ほとんど選択肢がなかったので、余っている一番安いのを借りたらこれになりました。正直どういう車かわかっていませんでした。車両価格は税込み¥4,140,000。

車を返してから調べてみると、なんとカテゴリーはコンパクトSUVでした。SUVって感じはしなかったし、今になってみても一体どこがSUVなんだろうと思います。下記の記事を見るとベース車のAクラスより40mm最低地上高が高く140mmのようです。しかし、プリウスは130mmなのでそれほど高いというわけでもありません。

webCGに詳しい試乗記があります。
メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】

車に乗ってドアを締めたときの感じは高級車らしい密閉感を感じました。

シートベルトを締めた瞬間、自動的にベルトが引き込まれたのでオッと思いました。テンションを自動調節してくれるようです。

バックミラーも厚みのあるものが付いていて角度が悪いと全く見えず、きちんと向きを合わせれば見やすかったという記憶があります。余計な反射がないぶんクリアなのかもしれません。

走り出したところ、プリウスなどに比べるとだいぶ違う独特の乗り心地で、比較的ハードだと感じました。

一番安いのを借りたつもりだったし、見た目もハッチバックなのでコンパクト車だと思いこんでいました。

しかし、近所の狭い道路を通った際に、なんかいつもより車幅が広くないか?と疑問を感じました。今見ると1805mmで、2018年プリウスが1760mmなのでやはりプリウスよりも幅は気持ち広いことになります。

エアコンに温度の目盛は付いているのでオートかと思っていたけれど、風量や内気外気が自動的に切り替わっているように感じませんでした。帰ってきてマニュアルを見たらなんとマニュアルエアコンでした。ニッポンレンタカーも変なところをケチると思いました。エアコン操作は事故に結びつくので是非ともオートを採用してほしいものです。

カーナビがタッチタイプじゃないのも意外でした。座席横のダイヤルボタンで操作するタイプでした。ただこれは慣れれば悪くはありません。

ラジオの曲はプリセットされていて、簡単に選択できました。

全車速追従クルーズコントロールが付いていたので試してみました。車間は比較的長く、車速に応じて伸び縮みします。私自身はもっと離しますが、プリウスもこんな感じでした。停止からの発進は今ひとつ滑らかさがないと感じました。プリウスはハイブリッドということもありなめらかだったと思います。割り込みされた際には手動での介入が必要でした。プリウスはこの辺も対応できていたと思います。

首都高に入るところで衝突防止機能が効いてしまったらしくアクセルを踏み込んでもほとんど進まないという現象に遭遇しました。壁を誤検出してしまったのでしょう。

後部座席に座ってみたところ、思ったより足元が狭く感じ、プリウスの方が広く感じましたが勘違いかもしれません。

荷室は421リッターで、後部座席を倒すと1235リッターということです。プリウスは502リッター、1,558リッターなので、プリウスのほうが数値上は広いことになります。

走行モードは標準のコンフォートモードとエコモードを試してみました。最初のうちは標準モードのコンフォートモードで走っていましたが、結局いつものエコモードにしてしまいました。ケチなので。

当日200km走って、ガソリンは14.2L入りました。燃費はリッター14kmということになります。カタログ値が16.4km/Lで奥多摩も走っているのでまあまあの線かと思います。ただし、ハイオクなのでガソリン代は高いです。今回はリッター156円だったので税込み2,215円でした。

というわけで、トータルの感想としては悪くはありませんでした。価格、燃費、クルーズコントロールの出来、静音性を考えるとプリウスだと思います。たまに近距離で使いたい場合にはGLAでも良いかもしれません。

ただ、実際買うとしたらGLAという選択はないと思います。GLAに400万円出すなら、300万のプリウスかノアを買うと思います。差額の100万円でBRAVIA有機ELの77インチを買います。

次回は、同一料金のCLA180シューティングブレークでも借りてみようかと思います。

コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

テント アメニティドームM を購入しました

iPhone 12 Pro Max を発注

画面サイズとピクセル数から縦横サイズと解像度をExcelで計算する。