Excelによる画面解像度計算2

以前、Excelを使って画面解像度の計算をしてみました。

画面サイズとピクセル数から縦横サイズと解像度をExcelで計算する。

先日、再度解像度計算をしようと思った際に、以前作ったファイルだと使いにくいと感じたため、今回はテーブル形式で作ってみました。

テーブルは次のように作りました。画像をクリックすると拡大できます。

非表示になっている列があるので、それを開きました。左側のオレンジのセルは入力項目で、青いセルは計算用、グレーが主に出力用です。

入力用の列名は次の通りです。

サイズ
横ピクセル
縦ピクセル

セルに入力されている式を表示してみました。こちらは計算用。

それぞれの列の式です。

tan
=[@横ピクセル] / [@縦ピクセル]

θ
=ATAN([@tan])

sinθ
=SIN([@θ])

cosθ
=COS([@θ])

横インチ
=[@サイズ] * [@sinθ]

縦インチ
=[@サイズ] * [@cosθ]

こちらは出力用です。

列の式です。

横cm
=[@横インチ] * 2.54

縦cm
=[@縦インチ] * 2.54

縦横比率
=[@横ピクセル] / [@縦ピクセル]

縦横比
=XLOOKUP([@縦横比率], アスペクト比[縦横比], アスペクト比[縦横比文字], "",1)

DPI
=[@横ピクセル] / [@横インチ]


縦横比を参照するために、「アスペクト比」という名前を付けたテーブルを用意しました。

XLOOKUPを使って、この表で縦横比を検索し、対応する縦横比率を取得しています。

縦横比の列に入れる数値は、手入力ではなく、縦横比をもとに計算した値をコピペした方が良いでしょう。それなら完全一致で検索できると思います。


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

ZIPファイルを開こうとすると、展開を完了できません、と言われる

Windows セキュリティーのビックリマークが消えない

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

Power Automate Desktopでブラウザでダウンロードしたファイルを処理する

NEC Aterm WX5400HP をセットアップ

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

ChatGPTが日本語からVBAのコードを生成できてたまげる