筆まめを新しいPCで起動しようとすると不明なエラーが発生

年賀状のシーズンになったので、先週の金曜日に筆まめを起動しようとしたところ、筆まめが見当たりませんでした。

そうだ、今年PCを新しくしたんだったと思い、以前ダウンロードしておいたインストーラーからインストールして、起動しようとすると、「不明なエラーが発生しました0X8007000D」と表示され、起動できません。

むむっ!?と思い、検索して見ると、インストーラーをダウンロードし直して、そこからインストールするとうまくいくと書かれている掲示板がありましたが、ソースネクストのサイトからダウンロードして試してみても効果がありません。

インストールアカウントを変えてみたり、削除ツールを試してみたりしても変わりなく、仕方がないので、その日はソースネクストにフォームから問い合わせておしまいとなりました。

翌日、土曜日の午後に次のように回答がありました。

恐れ入りますが、下記の操作手順にて旧パソコンの登録情報を
取り消していただけますようお願いいたします。

<操作手順>
1.お持ちの製品一覧へアクセスします。
■お持ちの製品一覧
https://www.sourcenext.com/users/action/utop
2.「筆まめ」アイコンをクリックします。
3.製品メニュー内の「シリアル番号の確認」をクリックします。
4.「エントリー情報の確認と変更を行う」をクリックします。
5.「製品の使用状況」の画面内から、情報を取り消したい
 製品を探し、クリックします。
6.画面内に表示されている機器名を確認し、「利用を解除」をクリックします。
7.確認画面が表示されましたら、「解除する」ボタンをクリックします。
8.画面から登録情報が消えましたら、再度製品立ち上げ時の画面にて、
 入力、登録をお願いいたします。

つまり、筆まめには同時に複数のPCにインストールできないようにする仕組みが備わっていて、それにより起動できなかったようです。

不明なエラーじゃねーだろッ!!

それならそうと、ちゃんとメッセージを表示して欲しかった。そして、私が調べた限りではソースネクストのFAQページにもそれらしいQAは見当たりませんでした。

本日、上記手順通り既存の機器を削除して、再度インストールして起動したところ、今度はサクッと起動してきました。


去年は、.xlsx を住所録として開けない(.xlsなら開ける)という不具合もありましたが、これもバージョンアップで解決したようで、xlsx ファイルを問題なく開くことができました。

クレオが開発販売していたころは問題なく使えたけれど、ソースネクストになってから次々と問題が発生している気がします。


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

Windows セキュリティーのビックリマークが消えない

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

NEC Aterm WX5400HP をセットアップ

Power Automate Desktopでブラウザでダウンロードしたファイルを処理する

ZIPファイルを開こうとすると、展開を完了できません、と言われる

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る

ChatGPTが日本語からVBAのコードを生成できてたまげる