言語学習ソフト RosettaStone

RosettaStoneとは

言語学習ソフトで、文法などを学ばなくても、子供が母国語を習得するように体験的に学習できるようになっています。

今回は来年のスペイン旅行用にオンライン版のスペイン語とついでに英語を買ってみました。

メリット

ソフトウェアなので通わずに家で学ぶことができます。
ギリシャ語、イタリア語のようなマイナー言語も学ぶことができます。
音声を聞くことができる。
キャンペーンで購入すれば一言語数千円程度と習得できればコスパ最高です。

デメリット

自宅学習なので本人のやる気次第。
ある程度の言語知識がないとわけわからんかもしれない。
例えば男性名詞、女性名詞にその変化など。

ソフトの変遷

最初は、パソコン用のオフラインのインストールソフトでした。
その後、スマホやタブレットでも使えるバージョンやオンラインで会話できるソフトも販売されました。
2017年にソースネクストが日本法人を買収し、2018年にリリースされたのはWebもしくはスマホアプリによるオンライン版のみのようです。

オンライン版はインストール版と比べて機能が制限されているようです。
以前は複数の学習者を登録できたのですが見当たりません。
私のPCではChromeではマイクが機能せず、Edgeでしか使えません。
マイクとして使っているWebカメラの相性もあるかもしれません。

効果

私自身は真面目に使えきれていません。
妻はもともとドイツ語を学んでいて、ドイツ語バージョンを使ってみたところ、劇的に会話能力が向上しました。
ある程度言語知識がある人が使うとさらに良いのかもしれません。

2018/12/21現在、直接購入すると定価の一万円近くしますが、Google広告などから購入すると3千円くらいですみます。

私は、英語とスペイン語をよくわからない値引きも含めて5千円強で購入することができました。英語学校なら一回分くらいだと思うので、ダメ元で買ってみても良いでしょう。

コメント

アクセスランキング(過去30日間)

iPhone 12 Proと iPhone 8 Plusのサイズを比較

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

コールマン タフスクリーンタープ/400 を購入しました

77型有機ELテレビ BRAVIA KJ-77A9G を購入

DELL 31.5インチ 4K HDR モニター U3219Q を購入

テント アメニティドームM を購入しました

iPhone 12 Pro Max を発注

画面サイズとピクセル数から縦横サイズと解像度をExcelで計算する。