ベストカーWeb の対応がひどい

Googleにベストカーの次の記事が流れてきました。

キツい上り坂に全車大苦戦……まともなのはレクサスRXだけ!? 人気ハイブリッドSUV4台超激辛チェック

鈴木利男という人が、次の車を箱根のアネスト岩田ターンパイクの登りで走って評価するというものでした。

シリーズハイブリッド(日産 エクストレイル)
シリーズパラレルハイブリッド(ホンダ ZR-V)
輸入車初のフルハイブリッド(ルノー アルカナ)
ターボハイブリッド(レクサス RX)

記事を読むと、レクサス以外の車は、ほぼけなされていて、レクサスだけが合格、というもの。

記事を読みながら、へえ、レクサスいいんだ、と思いながら、最後の方の価格を見てびっくり。

日産 エクストレイル 約450万円
ホンダ ZR-V 約412万円
ルノー アルカナ 429万円
レクサス RX 900万円

いや、値段全然違うし! これ、比べるのが間違ってないかと思いながら、最後の方にあるコメント欄を見てみたところ、案の定、値段が違いすぎるとか、SUVを登りでテストするのがおかしいなどの批判的なコメントばかりが並んでいました。

問題なのはその翌日。また増えているかなと思ってコメント欄を見たところ、昨日見たコメントが全部なくなっていました。えっ、削除されちゃったの!? と驚きました。ジャーナリストが、自分の気に入らないコメント書かれたからって消してたらだめでしょ。

そして3回目見たところ、2回目に追加されていた批判的なコメントも削除され、次のコメントだけになっていました。

編集部への中傷は許さない!

ベストカーって、今まで良くも悪くも思っていなかったけれど、こういうことするダメな会社なんだと思いました。

批判的なコメントを削除したところで、多くの人が記事を批判的にとらえているのは変わらないと思います。


丁度先日、日本のモーター業界は一部のジャーナリストの声が強すぎるのが良くないと書かれている記事を読んだばかりでした。そういう不健全なジャーナリズムが幅を利かせている業界の未来は暗い気がしました。


コメント

アクセス数の多い投稿

セキュリティ対策ソフトのノートンが詐欺ソフトまがいになってしまってショック

突然滅茶苦茶遅くなったPCがWindows Updateのキャッシュクリアで復活

NEC Aterm WX5400HP をセットアップ

Windows セキュリティーのビックリマークが消えない

ChatGPTが日本語からVBAのコードを生成できてたまげる

Amazon Prime Videoで4K UHD映画を検索する方法

Excel 2019 クエリが原因で日本語入力の一文字目が勝手に確定する

Excel VBAからODBCを使ってデータを簡単に取得する

Microsoft Flight Simulator (2020)のPS4コントローラー設定

Teamsで日本語入力すると左上に変換ウィンドウが出る